アルコール依存症とは、その症状とチェック方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アルコール依存症の症状とチェック アルコール依存症
ポチしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ

身に覚えはありませんか?

仕事帰りにコンビニで飲む

主婦が昼間から飲む

パチンコなどギャンブルをしながら飲む

休日は朝や昼から飲む

酒気帯び運転をする

採血結果で肝臓やすい臓の値が悪い

筆者はすごく身に覚えがあることです。これらの人はアルコール依存症のチェックをしてみましょう。

この記事は、夫や妻がそのような状態、もしくは自分がそのような状態で、もしかしたらアルコール依存症ではないか、と疑われている方のために書かれています。

アルコール依存症は自分では気がついていないかもしれません。症状をチェックして、自分または家族の人が指摘してあげましょう。

アルコール依存症とは

アルコール依存症で酔ってお酒を飲む男性
フリーフォト写真ACより引用

アル中はアルコール依存症

昔はよく「アル中」と言われていました。しかし「アルコール中毒」は正確には急性アルコール中毒を指します。一気飲みなどで酒を飲み過ぎてアルコール血中濃度があがり小脳が麻痺し、動けなくなったり呼吸困難、救急車を呼ぶような状態です。

現在はアルコール問題があり、病的にアルコールを飲み続ける人々がアルコール依存症と呼ばれますが、略して「アル中」と言われる方が多いです。

アルコール依存症の症状のチェック

アルコール依存症には診断基準があり、それも何種類もありますが、比較的簡単なほうを載せておきます。

CAGEアルコール依存症チェック

1. あなたは今までに、飲酒を減らさなければいけないと思ったことがありますか?
2. あなたは今までに、飲酒を批判されて、腹が立ったり苛立ったことがありますか?
3. あなたは今までに、飲酒に後ろめたい気持ちや罪悪感を持ったことがありますか?
4. あなたは今までに、朝酒や迎え酒を飲んだことがありますか?

2項目以上あてはまれば、アルコール依存症の可能性が高いです。

Goodbye-アルコール依存症サイトより  より引用

新久里浜式スクリーニングテスト:男性版(KAST-M)

1. 食事は1曰3回、ほぼ規則的にとっていない
2. 糖尿病、肝臓病、または心臓病と診断され、その治療を受けたことがある
3. 酒を飲まないと寝付けないことが多い
4. 二曰酔いで仕事を休んだり、大事な約束を守らなかったりしたことがある
5. 酒をやめる必要性を感じたことがある
6. 酒を飲まなければいい人だとよく言われる
7. 家族に隠すようにして酒を飲むことがある
8. 酒がきれたときに、汗が出たり、手が震えたり、いらいらや不眠など苦しい
9. 朝酒や昼酒の経験が何度かある
10. 飲まないほうがよい生活を送れそうだと思う
4 点以上がアルコール依存症の疑いありです

アルコール依存症ナビ.jp より引用

どうでしょうか。何か所か当てはまるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アルコール依存症の割合

アルコール依存症でない、パーティでお酒を飲む女性
フリーフォト写真ACより引用

日本人は、遺伝により肝臓のタイプが3種類に分かれています。

お酒が強い人と弱い人の差

◆NN型・・・・ALDH2型の正常活性遺伝子型(お酒に強い)

◆ND型・・・・NN型の16分の1の活性しかない遺伝子型(ある程度は飲める)

DD型・・・・ALDH2型の活性のない遺伝子型(ほとんど飲めない)

税庁ホームページ  より引用

簡単に言うとこのように分かれます。

・アルコールが飲めない人(下戸の人)

・アルコールが適度に飲める人

・大酒飲みの人。

・そして病的な飲酒を繰り返す、アルコール依存症と診断される人々

アルコール依存症になるのはNN型のお酒が強い人です。お酒を飲み過ぎてアル中になる場合が多いです。お酒が飲めないタイプの人はアルコール依存症になりません。当たり前ですね。

●外国人は飲める体質

ちなみに欧米人やロシア人は99%NN型大酒が飲めるタイプで、酒が飲めない人はいません。そのためアルコール依存症者の人数割合が比べ物にならないほど多いです。日本ではアルコール依存症者の割合は1.1%ほどですが、アメリカ人4.7%、ロシア人は9.8%も!

スポンサーリンク

アルコール依存症の症状

アルコール依存症で飲酒欲求の症状が出ている男性
フリー素材ぱくたそより引用

アルコール依存症の病状は人により若干違いますが次のような症状が多いです。

●アルコール依存症の症状

・朝から飲まずにおられない

・仕事中、休憩時間などに隠れて飲む

・晩酌から、酩酊するまで飲む

・二日酔いを紛らわすため飲む

・酒が切れると手が震えたり汗をかいたりする

・酒が切れると異常にイライラする

・家族に止められても隠れて飲む

・酒気帯びのためたびたび会社を休む

このような症状が現れます。

これを続けていくと

・肝硬変、肝臓がん

・すい炎、すい臓がん

・逆流性食道炎

・脳萎縮による認知症

・末梢神経麻痺

・大腿骨頭壊死

など身体に症状が出てきます。

本人はどうしようもなく飲んでいる場合が多いので、家族がチェックして指摘してあげなければ病気になるまで飲み続けてます。

アルコール依存症は治療が難しい

お酒を飲みすぎて酩酊する男
フリー素材ぱくたそより引用

●合法なので治療が困難

アルコール依存症はアルコールという薬物の依存症で、それなしでは生きることのできない状態です。

他の違法な薬物と症状はなんら変わることなく、アルコールを飲み続けないといけない病気で、ただ「合法でコンビニに売っている」か「非合法で売ってないか」の違いだけです。

●150円あれば・・・・・・

タバコと同じで、合法でどこでも売っているために逆に止めにくく、150円あればアルコールを手に入れることができるため、非常にやっかいな病気です。他の薬物依存と同じく二度と飲まないようにしなければならないのに、100メートル歩けばコンビニで手に入りますね。

●タバコとアルコールの違い

タバコとアルコールは何が違うのかというと、タバコは副流煙にさえ気をつければ他人に迷惑をかけませんが、アルコールの飲み過ぎは人に迷惑をかけます。

DV、ケンカ、警察沙汰、免許取り消し、解雇、家庭崩壊・・・・・・実に様々な形で家族などに迷惑をかけてしまします。

アルコール摂取障害?

「アルコール依存症」もまた古い言い方になっており、「アルコール摂取障害」や「アルコール使用障害」と呼ばれるようになってきましたが、もうどちらでもいいです。現場(病院)ではぜんっぶひっくるめてアル中です。

スポンサーリンク

酒の飲み過ぎはアルコール依存症になる危険性大

お酒を飲みながら話しをする女性たち
フリーフォト写真ACより引用
日本人の適量飲酒量 アルコール換算で20グラム
日本人の多量飲酒量 アルコール換算で60グラム以上

ビール大瓶3本、日本酒3合、焼酎ストレート1.5合以上で多量飲酒となり、アルコール依存症になりやすいと言われています。

しかし、これは教科書的に書いてあるだけで、いままで出会った方はまったく違いました。多量飲酒量を毎晩飲んでも依存症にならない人、ただの大酒のみもいれば、知人は毎日缶ビールたった2本でアルコール依存症と診断されました。

アルコール依存症の症状・飲酒欲求とは

アルコール依存症の症状に多い飲酒欲求
フリーフォト写真ACより引用

飲酒欲求は異常

アルコール依存症者は普段飲み続けているため、脳が「アルコールがあるのが普通の状態」と勘違いしています。

そこでアルコール血中濃度が下がってくると、脳が「異常な状態」と感じ、アルコールを要求しはじめます。これが飲酒欲求です。

一般の方にはわかりにくいのですが、「喉が渇いたので水を飲みたい」「腹が減ったので飯を食べたい」と思うかのごとく、本能の欲求的に酒が欲しくなるのです。

スポンサーリンク

アルコール依存症を防ぐには

夫がアルコール依存症の夫婦
フリーフォト写真ACより引用

●まず病院にいきたい

自分の意志で止められない場合は、精神科やクリニックに相談にいくことが賢明です。そして酒を止めることで、アルコール依存症を防ぐことができます。

●手に負えない

しかし、病院へ連れて行こうとしても本人は嫌がる、または泥酔しているためするため行けない。ほっとけば止まることなく酒を飲み仕事をしなかったり家庭内暴力で生活ができない。肝臓のガンマは基準値をはるかに超えており肝硬変ももう間近。

どうにも手がつけられない。日常生活すらまともに送れない・・・・・・

そんな厳しい状況で日々過ごされている家族の方、本人様へ、アルコール依存症歴10年、精神病院の入院10回の筆者がなにかお力になれることがあれば幸いと存じます。

アルコール依存症の信じられない行動

①二日酔いを迎え酒で麻痺させる

②会社の帰りにコンビニで飲む

③家に帰ったら妻のロレツがまわっていない

酒気帯び運転をする

⑤採血したらガンマーGTPが数100、数1000あった

⑥休みは朝から酒臭い 、などなど

これらはアルコール依存症に見られる行動です。次の記事から詳しく述べていきます。

スポンサーリンク

【参考記事】

まとめ

本格的なアルコール依存症になると「断酒」といって一生酒を飲めなくなります。アルコールの薬物中毒だからです。

まだアルコール依存症の一歩手前だと「減酒」「節酒」といって一日にある決めた量だけ飲むという治療法が可能です。

アルコール依存症の疑いがある方は早めに精神科でチェックしてもらい、「減酒」で済むようにしたいですね。でないと一生飲めなくなります。

【合わせて読みたい記事】




スポンサーリンク