アルコール依存症の末路③離婚で家族を失う体験談

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アルコール依存症の末路、家族を離婚で失う悲惨な人生 アルコール依存症
ポチしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ

アルコール依存症の末路、離婚して家族を失う

アルコール依存症の末路、家族を離婚で失う
フリー素材ぱくたそより引用

うちの断酒会に、息子がアルコール依存症でもう何年も断酒会へ通われている母親が何人もいます。アルコール依存症の子供のほうは30~40才、それ以上の場合もあるので、母親は60才~70才すぎてます。

自分の子供がアルコール依存症の場合、なんとかしよう、なんとか断酒させようとして、母親は諦めずに断酒会に通われています

しかし、配偶者がアルコール依存症の場合、何年かがんばるものの、結局あきらめて離婚するケースが多いようです。

●離婚を考えた理由・離婚した理由(女性)
特に精神的・肉体的虐待、アルコール依存症は、離婚を考えた理由のパーセンテージと比べて2倍以上あり、離婚した理由の中でも特に考えていかなければならない問題と考えられます。

医療法人淳信会 まさこメディカルクリニック  より引用

●「離婚を考えた理由」「離婚した理由」(女性)

グラフのように、「離婚を考えた理由」よりはるかに多いのが「離婚した理由がアルコール依存症」のケースです。「家庭を顧みない」「精神的・肉体的虐待」などもアルコールがからんでいるかもしれません。

アルコール依存症の家族は苦労が絶えない

アルコール依存症の家族、警察沙汰のパトカー
フリー素材ぱくたそより引用

アルコール依存症の家族は、外部からは見えない想像を絶する苦労をしています。

暴力、息子娘が働かず昼間に酔って酒を買いに行くのを近所に目撃されたれ、警察沙汰になり警察から電話があったり、救急車を呼んだり、酒を隠したら暴れて「ナタ」を持って脅されたり。

実の子を精神病院の閉鎖病棟へ入院させたり、若いのに糖尿病になったり肝硬変肝臓がんになったり、ずっと独身で結婚できなかったり、普通の家庭ではあり得ないことが次々と起こり、家族を悩ませます。

●親は諦めないが、夫婦は諦める

しかし、腹を痛めた息子がアルコール依存症でどんなに悲惨な目にあっても、断酒するまで諦めない親が少なくありません。

それと比べると、そもそも赤の他人夫婦は離婚に至る可能性が多いわけです。

スポンサーリンク

アルコール依存症の末路は?

アルコール依存症の末路、離脱症状
フリー素材ぱくたそより引用

筆者が10年ほど前、うつ病で症状がつらくてアルコール漬けになってしまい、手や足ががくがくになってしまうアルコール離脱症状に見舞われました。

看護師の妻が「これはおかしい」と通っていたクリニックを受診すると、主治医に

あなたはアルコール依存症になっていますよ。

このままでは会社クビ、離婚、独りになり、最後は酒にまみれで孤独死ですよ。

どうします?酒を取りますか?

それとも家族をとりますか?

と、究極の質問をされました。

心の中では「酒!」と思ったものの、妻がいる手前「・・・・・・家族」と答え、一命を取り留め、いや離婚を回避しました。

ところが断酒会の中で医師に同じような質問をされた方がいました。

その人は「酒!」と答えてしまいました。

一発離婚でした。

●「私とお酒どっちが大事?」 
「私のところには夫婦で訪ねてくる方が多いのですが、その際、お酒がやめられない夫に対して奥様が『私とお酒とどっちが大事なの?』と聞くと、間髪入れずに『お酒』と答える方もいます。ここまで来るともう即入院レベルのアルコール依存症といっていいでしょう。ご想像できると思いますが、こうなると高い確率で離婚です。実際、アルコール依存症の方は離婚率が高いことでも知られています」

健康・医療 from 日経Gooday  より引用

女性のアルコール依存症の末路

アルコール依存症の末路、離婚
フリー素材ぱくたそより引用

同じ断酒会のAさん40代(女性)の話です。

彼女は何年もスリップ・再飲酒 → 入院 → 断酒を何回も繰り返していましたが旦那がとうとう我慢ならなくなり離婚。家族はバラバラになり夫を失いましたが、お子さんは引き取りました。

●離婚で底つき

小学生の娘2人が奥さんのほうに引き取られ、実家に帰りました。離婚で底つき(にっちもさっちもどうにもならない状態)したのか、酒をきっぱりやめ現在は断酒を続けている様子です。離婚までしないと断酒できなかった、アルコール依存症は怖い病気です。

スポンサーリンク

離婚で家族を失う体験談

アルコール依存症の末路、家族を離婚で失う体験談
フリーフォト写真ACより引用

さん50代(男性)、酒気帯び運転で新聞で叩かれた消防士の人です。

アルコール依存症と診断された後、奥さんと離婚し、子供とも別れ、家族を失いました。 しかし断酒を始めたら、元奥さんも協力して共に断酒会へ出席されていました。

しかし、例の東北大震災復興作業で疲れ果て、PTSDになり再飲酒が始まりました。

【参考記事】

すると奥さんは「2度と助けない」と来なくなりなりました。「もう少しで復縁ではないか」と噂されていたのにまた独りです。
結局、最後には酒瓶に埋もれてひとり死亡、悲惨な人生でした

アルコール依存症が家族を失う悲惨な末路

アルコール依存症が家族を失う悲惨な末路体験談
フリー素材ぱくたそより引用

さん当時30代(男性)は学校で教師をやっていました。

ビールの飲みすぎでガンマーGTPが800超える始末。本人はめったに来なかったですが、両親は定年されているため毎週断酒会へ来ておられました。

しばらくして、父親は息子が酒を飲まないようとわざわざ一緒に畑仕事を始めました。数か月経ち、土日の畑仕事の日は昼間飲まないため酒量が減り、ガンマーGTPも400くらいにまで下がりました。

ある日、父親が畑のうねを跳び越すときにひっくり帰って後頭部を打ち付けました。 脊髄を損傷し、顔以外はまったく動けない状態になってしまったのです。


一度お見舞いにいったのですが、目は動き視線はこっちを向くものの、喋ることすらできない様子。唇が少し動くので、そこへ小さなナースコールを設置し、唇で押す。そんな地獄のような状態で入院生活を送っていました。

1年後、お父さんは亡くなりました

アルコール依存症で家族を失う、2次的な被害といえます。
むごいですね。息子のために頑張っていたのに、親のほうが悲惨な目に合ってしまいました。

しかし、当の本人は酒を止めずにまだビール飲んでいるそうです。

スポンサーリンク

酒を止めるか減らすか

精神病院で患者に聞いても、アルコール依存症はバツイチが多かったです。下記の離婚テラスでも述べているように、飲酒行動を変えなければ問題が解決しないのですが、離婚して初めて自分の飲酒に問題があることに気がつき入院する、といったアルコール依存症患者は多いと思います。

アルコール依存症は、本人が自覚していなかったり、薄々自覚していても、それを認めないことが多かったりします。しかし、本人がアルコールに関して問題があると認め、飲酒行動を変えなければ、症状が改善することはありません。もちろん、飲酒を原因とする夫婦間のいろいろな問題も解決しません。

家族のためのADRセンター離婚テラス  アルコール依存症と離婚問題  より引用

そこまでいかないように、家族を失うほど飲まないために、飲酒欲求を抑える「レグテクト」という薬があります。

筆者もずっと飲んでいますが、酒を止めたい」と思ったら効きます

「酒を飲もう」と思えば飲めます。

お試しにどうぞ。

●飲酒欲求を抑える薬
レグテクト・ジェネリック

今回はアルコール依存症の末路、家族を失う悲惨な体験談を書いてみました。

アルコール依存症の末路、家族を離婚で失う
フリー素材ぱくたそより引用

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク

まとめ

アルコール依存症の家族(肉親)はいつまでも頑張ってくれますが、夫や妻はある程度で我慢できなくなり、離婚するケースが多いようです。

男性の場合、妻も子供も離れていくため、独りになってしまいよけいに飲酒量が増え、孤独死する場合もありまし、そういう人が実際にいました。要注意です。

【参考記事】

スポンサーリンク