アルコール依存症の治療は断酒や減酒しかない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アルコール依存症の治療は断酒や減酒しかない アルコール依存症
ポチしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ

お酒が止められないので病院にいったら「アルコール依存症」と診断されました。

さて、どうやって治せばいいのでしょうか?

アルコール依存症の治療について

アルコール依存症の治療の断酒や減酒
フリー素材ぱくたそより引用

残念ながら現在の医学では、アルコール依存症を治す方法がありません

アルコール依存症は断酒と言って、酒を完全に断つしか、治す方法がありません。

アルコールという物質の薬物依存となっているため、他の薬物と同じく、止めるしかないのです。

アルコール依存症の治療について、次のように述べられています。

残念ながら依存症の人がコントロールして飲めるようにする治療法は存在しません。特に、人間関係や社会の信用が失われるような破壊的な飲酒をする人、肝硬変など身体合併症が重篤な人、過去に節酒(アルコールをコントロールして飲むこと)に挑戦しても失敗して依存症の再発を繰り返している人などは、生涯の断酒が必要と言えます。

公益社団法人日本精神神経学会 松下幸生先生に「アルコール依存症」を訊く  より引用

※2019年に、国内初のアルコール依存症の飲酒量低減薬セリンクロ(一般名:ナルメフェン)が製造販売を承認されました。これにより、軽いアルコール依存症者は断酒でなく「減酒」(少しだけ飲む)ことが可能となりました。

【参考記事】

アルコール依存症の患者によく「卵を一度茹でてしまうと茹で卵になってしまい、二度と生卵に戻らない」と言われるのですが、それと同じように、一度アルコール依存症になってしまうと二度と元には戻れません。

アルコール依存症になる前に止める

アルコール依存症になる前に減酒して止める
フリーフォト写真ACより引用

大酒飲みでまだアルコール依存症になっていない人は、完全なアルコール依存症者になる以前に、どうにかして止めましょう

重度のアルコール依存症になってしまうと、断酒するしか酒の害を防ぐことができなくなります。

【参考記事】

アルコール依存症者は少しだけ飲むのは、タバコを減らしていくのが難しいのと同じく難しいです。

「タバコの本数を減らしてずっと苦しい思いをするより、全部止めて禁煙したほうがまだ楽だ」

というのは、タバコを吸われる方ならお分かりでしょう。

酒も、同じことが言えます。

きっぱりと酒を止める断酒。

しかし、その断酒を継続するのがとても難しい。

スポンサーリンク

アルコール依存症の治療、断酒の3本柱

よく言われる「断酒の3本柱」というのがありますね。断酒の3本柱はこのようなものです。

断酒のための「3本柱」を使って断酒を継続していきます。3本柱とは、1本目は、アルコール依存症の専門外来に通院することです。2本目は、抗酒薬です(断酒継続のための内服薬。肝臓でのアルコールの分解を阻害する働きがあり、この薬の内服後に飲酒するとひどい二日酔いの状態となる。この効果を利用して断酒継続のひとつの支えとする)。3本目は、自助グループに通うことです(断酒会やAAなど。断酒の継続を目的とした、アルコール依存症患者様の市民団体)

駒木野病院 心の病について  より引用

断酒の3本柱 ①外来通院する

断酒の3本柱、通院
フリー素材ぱくたそより引用

精神科や精神病院、クリニックに定期的に通うことです。

筆者も通ってますが、酒を飲んでいないかどうか、月に1回採血され、チェックされます。

断酒の3本柱 ②抗酒剤

断酒の3本柱②抗酒剤

抗酒剤とは、酒を飲めなくする薬シアナマイド、ノックビンのことです。

水薬がシアナマイド、粉薬がノックビンです。

これを飲んだあとアルコールを摂取すると酷い目にあいます。

はじめに、心臓が400メートル走したくらいバクバクと激しく鼓動し始めます。

これが何時間も続きます。

視界は白くなり、太陽の元では何も見えなくなり。

そして気持ち悪くなり、吐き気がしてくる。

抗酒剤シアナマイド、ノックビンのメカニズム

(1) シアナマイド・ノックビンの作用で、肝臓でのアルコール代謝が遅くなる
(2) 肝臓でアルコールが代謝された後に出来る物質、アセドアルデヒドの代謝も極端に遅くなる(アセドアルデヒドは発ガン物質ですが、酒が強い人はすぐ代謝してしまいます。しかし、薬のせいで代謝が遅くなります。)
(3) アセドアルデヒドのせいで気持ちが悪くなり、それ以上酒が飲めなくなる

このような作用により、酒が飲めない下戸と同じ状態になります。

「シアナマイド飲んで酒を飲んで救急車を呼んだ」という話は、いろんな人から聞きました。

断酒中に飲んだ罰ゲームみたいなものです。

スポンサーリンク

断酒の3本柱 ③AAや断酒会など自助グループに参加する

断酒の3本柱③断酒会やAAに参加
フリー素材ぱくたそより引用

断酒会やAA、それは何か、といいますと。

アルコール問題を抱えた本人や家族が集っていろいろ話しあい、「皆で頑張って断酒を続けよう」という会です。

役所の福祉センターや、病院などにパンフレットが置いてあります。

もちろん家族が参加できる「家族会」なるものもあります。

うちだけでない、さまざまな家庭でアルコールが原因で悩んでいる人がいる」

アルコール問題がある人への対策、アドバイスなどが聞ける

などのメリットがあります。

断酒の3本柱 ④レグテクト錠


そして少し前になりますが、4本目の柱が登場しました。

レグテクト錠飲酒欲求を抑える薬)の服用です。

病院で処方され飲んでいる方、何名かに効果を聞いたところ「酒を止める、断酒を続ける」と考えている方には、効果があるそうです。

酒は飲み続けたいが、病院からレグテクトを出されている、そういう人には、効果がないとのことです。

私も飲んでいますが、まず副作用で下痢になります。便秘気味のひとには良いかもです。

酒の自販機のそばを通る時、「飲みたいな」、と思っていたのが「特に飲みたくはないな」と感じるくらいの抑制効果があります。

●飲酒欲求を抑える薬 レグテクト錠(ジェネリック)はこちらから
  ↓↓


これらの4つの柱により、アルコール問題の対策を行います。

アルコール依存症一歩手前の方へ

アルコール依存症は酒が飲めない
フリー素材ぱくたそより引用

上で述べたように、飲みすぎによりアルコール依存症になってしまうと、もう2度と酒を飲めなくなります。

酒を飲むと止まらなくなり、仕事に行けず家事もできず、家庭が破綻、離婚、ひとり孤独死になる可能性があります。

が、依存症になる寸前の方であれば、まだ救うことができます。

ブログ記事にコメントがありました。

主人は休みの日、午前中から飲んでいる。しかし、仕事はサボることなく行っている

筆者の想像になりますが、ご主人さんは毎日晩酌をして相当飲まれているのだと思います。

だから飲酒欲求が高く、休日は午前中から飲んでいるのだと思われます。

アルコール依存症の寸前の状態だと思われます。

スポンサーリンク

公園でお酒を飲む、パチンコでお酒を飲む

公園で酒を飲む、パチンコをしながら酒を飲む

以前の筆者も酷い状態でした。

休日、幼い娘を連れて近所の公園へ行くのですが、ポケットにワンカップを隠して飲む。昼になるともう泥酔して帰り、妻にに激昂される。

パチスロも、酔いながら。パチンコ店内で飲むと風営法違反になるため、外に出てコンビニで飲む。勝っても負けても飲む。

パチンコ屋の駐車場にある うどん屋で焼酎(ロック)を飲む。

酔いが覚めたらまたうどん屋で焼酎を頼む。

そして食卓で晩酌などではなく、会社からの帰る道すがらコンビニでワンカップ焼酎を買い、一気に飲んでふらふらに酔って帰宅する。

1年365日、毎日飲んで、休肝日なし。人間ドックの前の日でも飲む。

酔っ払ったまま二日酔いで人間ドックを受け、担当者に怒られる。

断酒して飲まないか、節酒、減酒して減らすことでアルコール問題をずいぶん防ぐことができたと思います。

お酒を飲んだほうが偉いという風潮

日本では「飲めば飲むほど偉い」と言われる風潮がありますね。酒の文化ですね。

コマーシャルではこれでもかとビールを 「飲め!のどごし生!」 と繰り返すものですから、飲みますね。

断酒し始めのころは、コマーシャルに腹が立つ人が多いそうです。

(筆者はビール党ではないので、それほどでもありませんでした)

※いつからか、酒のコマーシャルは18時以降、とメーカーで自主規制しているようです。

なにも知らない私は、飲んだら偉いのだと、日々浴びるように飲んでいました。

ここで気がついて節酒していれば、アルコール依存症になっていなかったでしょう。

しかり、私の両親は九州生まれで肝臓が強く、止めるきっかけがありませんでした。

依存症未満の方は、ここで我慢して「アルコール依存症・完遂」にならないようにしましょう。

そうでないと、一生お酒が飲めなくなります。

スポンサーリンク

まだアルコール依存症になってない方は酒を控える

筆者はアルコール依存症になってしまっているため酒が飲めません。

依存症でない方は酒を減らす、依存症の方は酒を飲まないためのコツをいくつかご紹介します。

①お酒を飲めない何かをする

アルコール依存症がお酒を飲まないためにジムで運動
フリー素材ぱくたそより引用

スポーツセンターに通うなどですね。

会員制の料金が高いフィットネスジムでなくても、区民スポーツセンターでもぜんぜん大丈夫です。

ウェイト・トレーニングやランニングで体を鍛え、鏡で身体を見てみましょう。

数か月通うと、「酒と運動不足でポッコリ出た」お腹が、引き締まっていくのが楽しくなります。

いつも通っていると、同じ時間に通ってくる常連の友達ができて、運動するのが楽しくなります。

酒を飲まなくても楽しい」時間を見つけることが大事です。

散歩や、バイク・ロードバイクでのツーリングなども良いです。

わざと「飲まない時間をつくりだす」ことが大事です。

②妻が私にお酒を飲まないよう仕掛けたのは

アルコール依存症がお酒を飲まないよう運転する
フリー素材ぱくたそより引用

「明日、食材を買いに行くので車を運転してほしい

「娘2人とジブリ映画を観に行くので運転してほしい

という具合でした。

こうなると、休みは朝っぱらから酒を飲みたいのですが、運転しなければならないため飲めません。用事が済んだらやっと飲める。

だいぶ減酒させられました。

③お酒を飲まないよう、家に酒をおかない

お酒を飲まないよう、家にお酒を置かない
フリーフォト写真ACより引用

これは禁煙しようにも、手の届くところにタバコがあると吸ってしまうのと同じです。

ビールが冷蔵庫に冷やしてあると飲んでしまう。

お神酒が神棚や仏壇に置いてあると、手を出してしまう。

アルコール依存症はそんなものです。

家の酒類を全て捨てましょう

スポンサーリンク

④お酒を飲まないために、飲み仲間と合わないように

お酒を飲まないよう、飲み仲間と会わない
フリー素材ぱくたそより引用

これは、必ず飲むことになりますね。

肝臓の数値が悪化して、ドクターストップがかかっている

などと言い、酒なしで昼メシでも食ってくれるなら、あなたの体を心配してくれている、本当の仲間です。

酒を飲まないで崩れるくらいの関係なら、それまで。それは本当の親友と言えないのではないでしょうか?

私は、30年も付きあいがある高校の同窓生3人と忘年会をするのですが。

忘年会なので、彼らは飲むのですが、筆者には酒を勧めてきません。

私がどれだけ入退院をしてアルコール依存症で苦しんできたか、よく分かっているからです。

スポンサーリンク

【あわせて読みたい】

まとめ

酒の量ではなく、朝から晩までなど「飲んでいる時間が長い」ほど依存症になる可能性が高くなります。

その逆に、「飲んでいる時間が短い」ほど、アルコール依存症にはなりにくいでしょう。

アルコール依存症になる前に止めるのはあなたと家族の努力です。

【参考記事】

スポンサーリンク