残業時間100時間を超え、うつ病に 体験談⑧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
残業時間100時間を超え、うつ病に 体験談 アルコール依存症になる前
ポチしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ

東京から広島に帰ってきた筆者は、スナックのはしごをまったくしなくなり、主にクラブやDJバー、ロックの生演奏をするようなバーで飲むようになりました。

バーで彼女と出会う

バーで飲んで出会い
出典:O-DAN より引用

ある週末、ロックバーに入ると、女性がひとりで飲んでいました。

そのころは彼女がいない独り身だったので、酔いにまかせて話しかけてみます。

店員さんとは仲が良かったので「店員さんを含め3人のトライアングルトーク作戦」で彼女と話し始めます。

出会いはうまくいき、話は盛り上がり朝まで飲み明かしました。

そのまま家まで

出会いのあとタクシーで彼女の家に
フリー素材ぱくたそより引用

朝方、「で、どうする?」という話になり、彼女を送ることになります。

タクシーで送り、彼女の家に到着すると、そのまま家に入ることにも成功しました。

彼女はある男性と付き合って同棲していたらしいのですが、最近疎遠になっていたようです。

もう、酔ってフラフラなのでそのまま寝させてもらいました。

スポンサーリンク

同棲生活が始まる

同棲生活のカップル
フリー素材ぱくたそより引用

そのまま転がり込んで、同棲生活がはじまりました。

男とは、しばらくたって別れたようです。

それからは、彼女の家から会社に通い、会社が終わるといちもくさんに彼女の家へ帰りました。

初めての同棲生活はとても楽しかったことを覚えています。

毎週週末は、2人でDJバーやロックバーに通いました。

2人とも20代半ば、真面目に働いていたので、少々遊ぶほどの金はあったのです。

出会いから結婚へ

出会いから1回目の結婚式
フリー素材ぱくたそより引用

2年ほど同棲したのち、1回目の結婚にいたりました。

披露宴はどうも好かないので、なし。

みんなから3万円ずつ集めて結婚式場にそっくりそのまま300万円支払う、なんてバカバカしい。

家族だけの少人数の地味婚にしました。

また東京。残業時間100時間をゆうに超える悲惨な生活

残業時間100時間をゆうに超える地獄の生活
フリー素材ぱくたそより引用

また、東京に転勤になります。

ところで、筆者はそのころIT系のSE(システム・エンジニア)をやっていたのですが、東京で入れられたプロジェクトは、火の車でした。

毎日まいにち、仕事が終わるのが午前様

家に帰れないので、ビジネスホテルを取りました。

しかし、毎晩、朝の5時とか6時まで残業。残業で徹夜になることもしばしです。

スポンサーリンク

残業時間がとんでもないことに

残業時間100時間を超え、とんでもない生活に
フリー素材ぱくたそより引用

朝7時ごろホテルに帰り、1時間ほど仮眠をとってまた出勤。

ホテルにでシャワーを浴びて30分くらい寝て・・・・・・7000円払ってすぐ出勤。

なんのためにホテルを取ったのだかわかりゃしない。

土日も出勤、残業して徹夜。月の休みは1回。

残業時間100時間どころか、250時間にも達しました。

給料は残業代で倍くらいもらえましたが、どんどん体調が悪くなり、寝たくても寝れなくなってしまいました。

徹夜して眠たいのに眠れない。睡眠時間ゼロの日が何日もつづきます。

そのころは分からなかったのですが、後に考えるとすでにうつ病になっていたのです。

当時25才の若者はうつ病などという病気を知りませんでした。

病院に行くものの

うつ病で病院に
フリー素材ぱくたそより引用

病院に行こう

と思いました。

が、そのころは若くてよくわからなかったので、「精神科」ではなく「内科」にいってしまいました。

内科では不眠症、うつ病などはあつかいません。

とりあえず「抗ヒスタミン剤」を「眠くなるから」と処方され、それで終わりでした。

【抗ヒスタミン剤】

・花粉症などのアレルギーの諸症状を緩和のため

・皮膚の痒みを緩和するため。

・風邪によるアレルギー症状の緩和のため

第一世代は脂溶性が高いため血液脳関門を容易に通過し、中枢神経系、特に視床下部に作用して眠気を引き起こす

Wikipedia 抗ヒスタミン剤 より引用

抗ヒスタミン剤はそもそもアレルギー症状を緩和してかゆみを軽くするのが目的なのですが、副作用で眠くなります

その「副作用で眠れ」と内科の医者はいうのです。

しかし、その程度の薬理作用ではまったく眠れませんでした。

スポンサーリンク

上司に会うと

残業時間100時間を超えうつ病で無表情に
フリー素材ぱくたそより引用

しばらくぶりに取締役に会いました。

どうしたん、その顔は!

驚いて言われた。

元気なころと違って、もう、能面のような無表情になっていたらしいのです。

ちょっと、精神科にいってみなさい。紹介するから

もうしんどくてしょうがない。言われた通りに行ってみました。

(つづく)

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク

まとめ

現在では残業50時間かそこらを超えると、労働基準局の査察が入るようですが。

当時はそんなものはまったくありませんでした。

IT系のシステムエンジニアは3Kと呼ばれていました。

とにかくどの会社のシステムエンジニアもこき使われて、筆者のようにうつ病や飛び降り〇〇した人もいました。

筆者は残業時間100時間どころか残業250時間を超え、どうやらうつ病になったようなのです。

【参考記事】