うつ病での離婚の原因は、妻の外国人との浮気だった

うつ病での離婚の原因は、妻の外国人との浮気だった うつ病

残業250時間を超える徹夜つづきの激務で、うつ病になった筆者。

当時の妻は1年ほど、うつ病夫のめんどうを見てくれたが、しだいに離れていきました。

ある日、離婚したいと言い出しました。

その時は妻が浮気をしているとは夢にも思いませんでした。

うつ病での離婚は本当にしんどいものでした。

上司の勧めで精神科に診察にいく

上司の勧めで精神科に診察にいく
上司の勧めで精神科に診察にいく

【前話】からのつづき

出会い、同棲、結婚、転勤、うつ病、人生を変える出来事が立て続けに起こる

ちょっと、精神科にいってみなさい。紹介するから

会社の取締役にいわれました。

夜が眠れず、無表情で能面のような顔と言われた筆者は、取締役に紹介された病院に行ってみました

行ったのは都内の精神科。その上司(女性)も不安神経症をもっていて、そこに通っていたようです。

人のよさそうな医者が出てきました。

残業が250時間にもなって、徹夜てつやでまったく眠れなくなってしまった。毎日がしんどい」

と、あらかたの主旨を伝えます。

スポンサーリンク

不眠症、うつ病との診断

精神科で出された抗うつ剤、睡眠薬
精神科で出された抗うつ剤、睡眠薬

カルテに書かれたのは「不眠症、うつ病」という診断結果でした。

はじめて睡眠薬、抗うつ薬というのを処方してもらいました。

その晩、酒を飲んで睡眠薬を飲みました。

酒と睡眠薬はNG」というのも当時は全く知らず、普通に酔うまで飲んで、睡眠薬。

久しぶりの熟睡でした。

その時の妻は、ふとんを布団乾燥機であっためて寝やすくしてくれたり。

玉ねぎを匂うと眠りやすいらしい

と玉ねぎスライスをお皿にいれて、枕元に置いてくれたり。

いろいろ気を使って看病してくれました。

不眠のせいでアトピー性皮膚炎がひどくなっていたため、マメに掃除もしてくれました。

毎週、一緒に飲みに行ってたのも、ガマンして控えるようになりました。

残業が収まっていく

うつ病で気分が落ち込んでいる
うつ病で気分が落ち込んでいる

残業250時間だったのが、150時間、100時間とじょじょに減ってきました。

プロジェクトも終わりに近づいたので、うつ病の不要社員は広島本社に

残業無しの、軽いプロジェクトの仕事を与えられました。

まだ本調子ではなく、妻に「うつ病になって、性格が変わった」と言われるようになりました。

うつ病になる前は、正道会館(空手)に通ったり、毎週バーやカラオケなどに行って大騒ぎしていましが。

うつ病になってからはそんな元気もなく、ただボーっと家にいるだけでした。

うつ病は性格まで変えてしまうのです。

スポンサーリンク

うつ病患者をほおって、妻は遊びに行き始める

うつ病患者をほおって、妻は遊びに行き始める
うつ病患者をほおって、妻は遊びに行き始める

妻は、いつの間にか週末なじみのバー行くようになっていました。

1年くらい経ったころ。

妻が、急に、「離婚したい」と言い始めた。

え、どうして。

なぜ。

そして、うつ状態の筆者は

自分がうつ病になって、看病疲れしたのかもしれない

自分を責めるようになります。

せっかくうつ病が回復しはじめたのに、また悪化しはじめました。

うつ病なのでマイナス思考になり、自分を責める。

自分のせいだ・・・・・・自分のせいだ・・・・・・

自己嫌悪におちいります。

うつ病が原因で離婚

うつ病が原因で離婚
うつ病が原因で離婚

離婚届けに名前と印鑑をつきました。

協議離婚です。

これで結婚生活も終わり。

短かったな・・・・・・

いろいろあったな・・・・・・

悲しみがあふれました。

枕に顔をうずめて、声をださずに泣きました。

スポンサーリンク

離婚してさらにアルコール漬けの日々に

離婚してさらにアルコール漬けの日々に
離婚してさらにアルコール漬けの日々に

すぐに、やけ酒をあおるようになりました。

なじみのバーに毎日通って飲んだくれるようになっていったのです。

そこで聞きました。

「ふくの奥さん、毎週ルーマニア人と飲みよったよ」

え?

どういうこと?

ふくと離婚してからすぐルーマニアに行って、3ヵ月後に再婚したらしいよ

は?

日本では、女性は離婚してから365日たたないと結婚できない。

赤ちゃんが出来た場合、前夫の子か、現夫の子かわからなくなるから。

その法律の抜け穴として、外国で結婚したのか。

という事は、ぼくと籍がある間にルーマニア人と浮気してたってことか!

それなら協議離婚にするんじゃなかった。

訴えてやればよかった・・・・・・

訴えて調停離婚にすればよかった

訴えて調停離婚にすればよかった
訴えて調停離婚にすればよかった

夫が病気になったら浮気して離婚して再婚

だんだん憎しみの感情がわいてきた。

ムカツク、ムカツク、ムカツク!

うつ病の症状は、どんどん悪くなっていったのでした。

やけになり、どんどん酒量が増えていくことになるのです・・・・・・

うつ病で離婚する場合の注意点

うつ病で離婚する場合、一般の場合とは少し違うようです。うつ病が重い場合は話しあいすら難しいため、別居などの手続きが要ります。

相手の命にかかわる可能性もあります。

離婚をしたい場合には、うつ病の相手と離婚の話し合いをしなければならないので、普通の離婚のケースとは異なる配慮が必要です。

相手がまともに話合いができる状態で、離婚や離婚条件について合意ができたら、離婚届を作成して役所に提出し、離婚をすることができます。

そうでない場合、別居や調停、訴訟などの手続きが必要になるケースもあります。

離婚弁護士相談広場 うつ病が原因で離婚するケースと離婚する場合の注意点  より引用
スポンサーリンク

まとめ うつ病での離婚の原因は妻の外国人との浮気 

うつ病になった筆者を、最初の妻は1年くらいは面倒を見てくれました。

しかしうつ病は1年やそこらでは回復しません

結局、妻は病気の夫を置いて浮気に走り。

挙句の果てに離婚し、すぐに外国で再婚したのです。

「浮気」という証拠があるので、行列のできる法律相談所がそのころあれば、訴えていたに違いありません。

お酒の代わりに、炭酸水で
飲酒欲求を下げよう
北欧発ソーダサーバー
【aarke/アールケ】
⇓⇓

【あわせて読みたい】

うつ病でEDに。EDの薬に効果はあるの? 体験談⑬

ED治療薬の効果はすごかった。うつ病でもこんなに!体験談⑭

【チェック】

華の会メール★中高年の婚活アプリの出会いまでの手順を解説