アルコール依存症の精神病院・閉鎖病棟体験談(1-1)

アルコール依存症 精神病院・閉鎖病棟体験談

この体験談は、私が精神病院・閉鎖病棟に何回も入院した経験のうち、2回目のものです。

たかが酒を飲みすぎたくらいで、なぜこんなところに・・・・・・家族を恨んたものです。

精神病院の閉鎖病棟はつらいです。もう度と二度と酒は飲まないと思いました。しかし、アルコール依存症は、喉元過ぎれば熱さを忘れて飲んでしまうのです

●筆者筆者

 


メンヘラ男。アルコール依存症歴11年、25歳でうつ病、39歳でアルコール依存症とうつ病を再発、さらに双極性障害になりメンヘラに。断酒に失敗し広島の瀬野川病院、呉みどりヶ丘病院などの精神病院・閉鎖病棟に10回も入院。精神障害者手帳2級、障害年金2級。断酒・入院・うつの体験談、どうやって飲まないで生きていくかのノウハウを書いていきます。

※なお、筆者の体験談は事実のままですが、断酒会の事例は架空の人物ものとします

精神病院の閉鎖病棟とは

精神病院の閉鎖病棟・保護室
精神病院の閉鎖病棟・保護室

私は広島一有名な精神病院、瀬野川病院に入院させられました。瀬野川病院の中の閉鎖病棟でした。

精神病院の閉鎖病棟といえば、すべてのドアに鍵をかけられ、シャバには一切出ることができません。そこへ3ヵ月閉じ込められました。そこはアルコール依存症の行きつく先です。

最初はその中の、鉄格子の「保護室」につっこまれます。トイレすら自分では流せない。看護師に部屋の外から流してもらわねばならないのです。

精神病院・保護室のトイレ
精神病院・保護室のトイレ

トイレの大をしても流せないので悪臭が漂う。のどが乾いたら看護師に頼まないと水すら飲めません

当時、タバコは一日4本だけ吸えました(現在は全面禁煙)。閉鎖病棟から出ることができず、毎週何回も何回もアルコールについての勉強をさせられます。断酒会、AAにも出席しなければならない。
断酒会とは?ふたば断酒会、AA、広島だるま会など自助グループはどんなもの?

自分もつらいし、家族もつらいのです。なぜ夫を精神病院にまで入院させなければならないのか。どうして妻をそこまで追い詰めてしまったのか。

酒を飲みすぎ怒る妻
酒を飲みすぎ怒る妻

3ヵ月間、ずっと閉鎖病棟の中で日記を書いていました。当時、娘は小学生と保育園児でした。どうしてお父さんがいないのか、不思議に思っていたに違いありません。妻は娘たちにどう説明したのだろう・・・・・・

みなさんは精神病院・閉鎖病棟に入院することのないよう、大量飲酒には十分お気をつけください終点までいかないよう、節酒・断酒に励んで下さい。

当時の日記を思い返してつづります。

スポンサーリンク

夏の日の飲酒欲求

夏の暑い日の飲酒欲求
夏の暑い日の飲酒欲求

ある夏の暑い日。

陽の光は、真上から降り注いでくる。空は青く、ところどころに入道雲が立ち昇っていた。太陽は直視できないほど眩しく、強い陽射しがあたり一面を焼き尽くしている。木々の葉は光に照らされ、ところどころ白く光っていた。

山に囲まれた広島の郊外。北のほうを見ると、発達した積乱雲の下側は暗い影を落としており、にわか雨でも降っているようだった。

私の額からは汗がにじみ出て、Tシャツはじっとりとした汗で肌にはりついている。

「暑い。酒が飲みたくなった」

止められているが、どうしても今、飲みたい

アルコール依存症には酒を飲む特別な理由なんて要らない。飲みたいから飲むのだ。私は突然沸き上がってきた飲酒欲求に負けた。

スリップして再飲酒する

ワンカップ焼酎を一気に飲む
ワンカップ焼酎を一気に飲む

その日は抗酒剤シアナマイド※を飲んでいなかった。
抗酒剤シアナマイドとは
アルコール依存症の治療|断酒を成功させる4つの手段と4つのヒント

それをいいことに、すぐ近所の自販機でワンカップ焼酎を2本買った。そしてポケットに隠して家に持ち込んだ半年ぶりの酒を飲む。ワンカップ焼酎を、一気に喉に流し込んだ。

味わうことなく、胃に流し込んだ。

とにかくエタノールを身体に入れたかった。味わうことなどはしない。前回退院して半年ぶりの酒。久々の酒はもしかしたらすごく美味いのだろうと、期待していた。が、それはまったく期待外れで、まったく美味しくはなかった。

ああ、再飲酒、スリップしてしまった。半年もたなかったな。ああ

喉、食道、胃が燃えるように熱い
喉、食道、胃が燃えるように熱い

そう考えた瞬間、喉や食道、胃まで急に熱くなってくる。「再飲酒した、スリップしてしまった」と考えた瞬間、焼酎ストレートの25%エタノール溶液によって、口、喉、食道が焼けつように燃え、そして身体全体が熱くなっていくのを感じた。

ああ、コレや。コレを味わいたかったんや!

酒をやめてからというものずっと遠ざかっていた、コレ、この感覚。

すぐれなかった気分が、次第にすぐれていく。

もやもやしていた気分が、晴れていく。

気持ちよさがいっぱいに広がっていく。

罪悪感が酔うにしたがって消えていく。

スポンサーリンク

アルコール依存症の飲む理由はただ「飲みたい」だけ

アルコール依存症者の飲酒欲求
アルコール依存症者の飲酒欲求

「ああ、気持ちい。コレで気持ちが良くなる。気分もよくなる」

「バレないようにしないとな」

飲んだ理由は、ただ飲みたかっただけ。ほかにこれといった理由はない。ただ、久しぶりに飲んでみたかっただけ。

その日は昼寝をして、アルコールを醒ました。夕方、起きて嫁の勤務する病院まで車で迎えに行ったが、もうシラフになっており、気付かれはしない。

今日、久しぶりに飲んだが、1合だけでおしまい。明日は飲まない」と決めた。

翌日の朝、嫁を職場に送迎し、帰宅した。その時、また酒を飲みたいと思っている自分に気がついた

まとめ 精神病院・閉鎖病棟日記

普通の人は一杯飲んで満足するところが、アルコール依存症は一杯では満足できません。普通の人が晩酌ですむところ、アルコール依存症は「ごちそうさま」ができず、酩酊するまで飲んでしまうのです

そして肝硬変やすい炎など身体を壊したり、二日酔いの無断欠勤などで社会生活が送れなくなります。挙句の果てに精神病院・閉鎖病棟に入院です。酒量が多い人は気をつけましょう。


スポンサーリンク

あなたに役立つ記事

タイトルとURLをコピーしました