はじめの1杯の酒で飲酒欲求が復活する 精神病院・閉鎖病棟体験談(1-2)

はじめの1杯の酒で飲酒欲求が復活

ピリリリリ、ピリリリリ、 ピリリリリ、

目覚まし時計が鳴った。朝だ。

私「ああ、もう朝か。起きないと。

ん? 断酒中なのに酒が欲しい。ヤバイ、朝なのに酒が飲みたい・・・・・・

●筆者筆者

 


メンヘラ男。アルコール依存症歴11年、25歳でうつ病、39歳でアルコール依存症とうつ病を再発、さらに双極性障害になりメンヘラに。断酒に失敗し広島の瀬野川病院、呉みどりヶ丘病院などの精神病院・閉鎖病棟に10回も入院。精神障害者手帳2級、障害年金2級。断酒・入院・うつの体験談、どうやって飲まないで生きていくかのノウハウを書いていきます。

※なお、筆者の体験談は事実のままですが、断酒会の事例は架空の人物ものとします

飲酒欲求で朝から酒が飲みたい

飲酒欲求で飲みたい酒
飲酒欲求で飲みたい

断酒中なのに酒が欲しい、飲酒欲求を抑えきれない、これはマズイ・・・・・・。

今日も、暑い夏日だった。車で妻をを職場まで送り、急いで家に戻る。とにかく朝からずっと、飲酒欲求がある。

どうにも酒が飲みたい。

私には持病があった。

主治医「あなたはうつ病です

何年か昔、医師にそう診断された。その数か月後、

主治医「あなたはアルコール依存症になっています先に断酒してアルコール依存症を治療していかないと、うつは治りません

命の水が、飲めなくなっていたのだ。

うつ病の症状

うつ病の症状
うつ病の症状

うつ病とは、その症状とは以下の通りである。

  • 現在は15人に1人はかかるとも言われている
  • 長期間ストレスにさらされると発症しやすい
  • 気分が落ち込み、やる気がなくなる症状が数週間つづく
  • 不眠、夜中に目が覚めたり、早朝に目が覚めて眠れなくなる
  • そのため仕事や家事などに影響がでる
  • いつも不安感や恐怖感を感じている
  • ストレスを取り除き、抗うつ剤(SSRI)や精神安定剤で治療する

このような症状で、毎日つらい日々を送らなければならない精神病だ。そしてアルコールを飲むと症状が悪化する。

アルコール依存症の症状

アルコール依存症の症状
アルコール依存症の症状

アルコール依存症は、まだ広く一般的に知られていない。「酒の飲みすぎ」くらいにしか認知されていない。

現在は「アルコール使用障害」と呼ばれ、昔でいえば「アル中」のことだ。

アルコール依存症は、エタノール(アルコール)の薬物依存症

やっかいなのは、他の薬物と違い合法であること。すぐ手に入ること。だから止めにくい。

  • 朝から寝るまで、常に酒が飲みたい
  • 飲酒をコントロールできない
  • いつも酔った状態でないといられない
  • 何年も何10年も飲み続けたあげく、
    • 肝炎
    • 肝硬変
    • 肝臓がん
    • 慢性すい炎
    • すい臓がん
    • 糖尿病
    • 逆流性食道炎
    • 末梢神経麻痺
    • 大腿骨頭壊死
    • 脳委縮

といった、ありとあらゆる病気にかかる。

酒をどうしても飲みたいという欲求を「飲酒欲求」という

アルコール依存症によくあるケース

アルコール依存症ではこのようなケースが多くみられる。

1.酒で体を壊す

アルコール依存症の主治医
アルコール依存症の主治医

主治医に

  • あなたは酒の飲みすぎで肝臓が悪くなっています。今のまま飲み続けると、肝硬変になります
  • あなたは酒の飲みすぎで糖尿になりかけています
  • CTを見ると、脳が委縮しています。すぐやめないと、人間として生きられなくなります

などといわれようが、酒を止めないといけないのに飲んでしまう人。節酒すらできず、大量飲酒してしまう人。

2.わかっていても酒気帯び運転

飲酒運転・酒気帯び運転
飲酒運転・酒気帯び運転
  • 朝、出勤時間がきて車を運転しなければならない
  • 会社で仕事で運転しなければならない
  • 酒が無くなってきたので買いにいきたい

わかっていながら酒を飲んで、酒気帯び運転・飲酒運転をしてしまう人。

3.うつ病のつらさをごまかすために飲む

うつ病のつらさを飲んでごまかす女性
うつ病のつらさを飲んでごまかす女性

朝起きたけど、不安感が強いし、恐怖感も出てるし、ベッドから出れない・・・・・・

辛くていやだ、死んでしまいたい・・・・・・

酒を飲んで楽になろう。

そして飲んで泥酔してしまい、会社勤めや家のことができない人私の場合はうつ病が元の原因なのでこのパターンだ。

このようなアルコール依存症の人たちは、治療を受けている人だけで日本に約4万人いる。治療を受けていない人はもっとたくさんいる。

医師「あなたはアルコール依存症なので、これから一生酒を飲んではいけません

医師のこの言葉だけが、酒を止める理由だった。

アルコール依存症は断酒しかない

断酒
断酒

この病気は、「酒を一滴も飲まない」断酒をすることにより治療していく。現在の医学では「治癒」はできないが「治療」はできる。飲まなければいいのだ。

近年、軽いアルコール依存症者は酒の量をへらしていく“減酒”による治療法が、有名な久里浜病院を発端に始まりまった。しかし、私のような重いアルコール依存症者は、断酒しかないのだ。

「断酒していても気がついたら再飲酒していた」ようなことも、“意思の問題”とかそういう次元ではなく、病気の症状だ。(アル中病棟で講習を受けたところによる)

まず入院し、断酒する。すると、私の場合は飲酒欲求100%が日ごとに下がっていき、50%、30%と下がっていき、退院のころには5%もしくは飲酒欲求がなくなっている

飲酒欲求が下がるグラフ
飲酒欲求が下がる

飲酒欲求がほとんどない状態だと、酒を飲まなくても比較的楽なのでそのまま断酒生活していけば良い。酒を我慢すれば、肝臓など身体が悪くならないし、酒気帯び運転をすることもない。

入院中にうつ病の治療もされるため、薬は欠かせないものの、酒を飲むほどではない。「普通の人」として社会生活が送れるのだ

はじめの一杯で飲酒欲求が復活する

はじめの一杯で飲酒欲求が復活
はじめの一杯で飲酒欲求が復活

私は酒が飲みたくなるわけでもないが、飲みたくないわけでもない。そんな状態を何か月か過ごしていた。すぐ就職すると、またストレスで飲んでしまうため、焦らずにいた。

昨日、なぜか不意に飲みたくなった。暑いからか、病気のせいか。そして焼酎を1合、飲んでしまった。すると、急に飲酒欲求が復活し、100%まで上がってしまったのだ

飲酒欲求が上がるグラフ
飲酒欲求が上がる

もう飲酒欲求が抑えられない。断酒中の私の脳はほんの1合の酒で昔の飲酒欲求が復活し、酒を欲していた

「酒が飲みたい、我慢できん・・・・・・1合だけ、ほんの1合だけ飲んで寝よう」

まとめ はじめの1杯の酒で飲酒欲求が復活する

  • 入院、断酒をつづけてほとんど飲酒欲求がない状態でも、油断するとふいに飲酒欲求がくることがあります。

  • 断酒会では、3ヵ月、6ヵ月、1年、3年目などが危ないと言われています。

  • 一杯でも飲んでしまうと、すぐに飲酒欲求が復活します。

  • 「はじめの一杯」に気を付けましょう

酒を止めると娯楽がなくなってしまう人へ

【BONS】オンラインカジノ

  • ボーナスコード 「otoku45
    入金無料プレイ
  • 酒を飲むよりずっといい
  • 数100種類のゲームで飽きない
  • 勝利金をすぐ出金したい人はボーナスなしが早い

\BONSカジノはこちら/

ボンズカジノ

●【ドラ麻雀】

  • ゲームではなくお金を賭け合う
    本物のオンラインネット麻雀
  • 酒を飲むよりずっといい
  • ボケ防止に
  • ゲームではなく賭けるので本気になれる

\ 【ドラ麻雀】はこちら

DORA麻雀 お金を賭けたガチンコ勝負

あなたに役立つ記事

赤ん坊が産まれたというのに、飲んだくれて家に帰らなかったクソ旦那
酒がやめられない生活・アルコール依存症の始まり 体験談⑲

アルコール依存症、その症状についてもっと詳しく書いています
アルコール依存症の症状とチェック方法|酒の飲みすぎは依存性の原因

アルコールに関わる病気について、もっと詳しく書いています
酒が原因で、肝臓・すい臓だけでなく、60種もの病気にかかる

タイトルとURLをコピーしました