アルコール依存症の連続飲酒による離脱症状はつらい・精神病院・閉鎖病棟体験談(1-8)

アルコール依存症の連続飲酒による離脱症状

「今日は木曜日・・・・・・断酒会の日だ。昨日もおとといとも酒飲んでるし、なんだか行きづらいな・・・・・・」

その日は私が通っている「だるま会」という断酒会の日だった。

「どうしても断酒会に行かねばならない・・・・・・ 」

私は断酒会の中でも濃いメンバーになりつつあったため、欠席しにくかった。

●筆者筆者

 


メンヘラ男。アルコール依存症歴11年、25歳でうつ病、39歳でアルコール依存症とうつ病を再発、さらに双極性障害になりメンヘラに。断酒に失敗し広島の瀬野川病院、呉みどりヶ丘病院などの精神病院・閉鎖病棟に10回も入院。精神障害者手帳2級、障害年金2級。断酒・入院・うつの体験談、どうやって飲まないで生きていくかのノウハウを書いていきます。

※なお、筆者の体験談は事実のままですが、断酒会の事例は架空の人物ものとします

アルコール依存症の連続飲酒が止まらない

アルコール依存症の連続飲酒
アルコール依存症の連続飲酒

アルコール依存症者が、連日、朝から晩までずっと酒を飲み続けること」を、連続飲酒と言う。

朝から寝るまで終日、アルコール漬けの状態。夜中も目が覚めたら飲んでしまうような状態。断酒会の日なのに、私は数日間「連続飲酒」をしていた。

今日はまだ、酒を飲んでいない。が、昨晩の酒が抜けはじめ、アルコール離脱症状が始まりつつある。アルコールが切れたことによる、いわゆる禁断症状だ。

アルコールが切れ、アルコール離脱症状がはじまる

アルコール離脱症状の手の震えがはじまる
アルコール離脱症状の手の震えがはじまる

アルコール離脱症状とは

まず、手、指が震える。映画でそういうシーンがたまにあるが、そのまんまだ。これを振戦という。

手の指を開き、じっと見ると指先が震えている。ひどくなると、指先だけでなく足や体中が震えてくる。

そして異常に汗をかく。額、手の平、首筋に汗がにじみ出てくる。脂汗だ。暑くもないのにじんわりと脂汗が出てくる。

アルコール離脱症状の発汗
アルコール離脱症状の発汗

ほお、あごを通って汗が垂れて、ポタポタと床に落ちていく。何日も連続飲酒するとそうなる。

そして抑うつ状態などの気分障害が起こる。強い不安感におそわれ、強い恐怖感にもおそわれる。情緒不安定になる。これがかなりつらい。

さらに飲み続けたアルコール依存症者には、「幻聴・幻覚」が出てくる。「小さな虫」「小さな小人」の幻覚。そんな虫や小人はいないのに、ふとんや壁・体に張り付いている小さな虫を振り払おうと、手ではたくしぐさを続ける。

わたしには幻聴幻覚の経験はないが、聞くところによるとかなり怖くてつらいとのこと。「旧日本兵が病室を走り回ったりする」そうだ。私はアルコール離脱症状に耐えられず、安定剤をいつもの3倍飲んで、ベッドに転がった。

断酒会に行かず酒を飲む

断酒会に行かずに酒を飲む
断酒会に行かずに酒を飲む

昼を過ぎても、アルコール離脱症状は続いている。手の震え、熱くもないのに脂汗が出て、恐怖感、不安感に襲われてつらい

「だめだこれは。こんな状態では断酒会にいけない。欠席の電話をしよう」

「もしもし、私です、ええ、ええ。 あのう今日ちょっと風邪ひいて体調が悪いので、断酒会は休ませてもらいます」

「ふう、これで一難去った・・・・・・」

そして家の近くの商店で、一升パックの焼酎を購入した。

(外にでて、ブラックアウトしてまた変なことになったらいけない。また警察の厄介になったら、離婚沙汰になるかもしれない)

一升パックの焼酎を のどに流し込む
一升パックの焼酎を のどに流し込む

部屋で、ベッドで焼酎を入れる。

焼酎ストレートを2口ほど喉に流し込んだ。また、喉から食道から胃までが熱くなる。

・・・・・・10秒経つか経たないか。

手、身体の震えが、ピタっと止まる。そして不安感がなくなり、快楽の波が押し寄せてきた。

さらに焼酎を流し込む。気持ちよく酩酊し、快感に全身が包まれた。そのままベッドに転がって、寝た。

また鉄格子の中!!

ふと、目が覚めた。

「暗い・・・・・・? 夜なのか?」

寝ころんだまま、天井を見る。しかしそれは知らない天井だった。

私「な! なんだここは!?」

飛び起きて部屋を見渡すと、壁の一面が「茶色い鉄格子」だった。

私「な!! また、鉄格子の中にいる!

気がついたら鉄格子の中
気がついたら鉄格子の中

また訳が分からくなった・・・・・・

まとめ アルコール依存症の連続飲酒による離脱症状はかなりつらい

アルコール依存症者が朝から晩まで酒を入れ続けることを「連続飲酒」といいます。

連続飲酒を何日か繰り返して酒を切ると、アルコール離脱症状(禁断症状)が起きます。

このような症状が数日にわたって続きます。

  • 振戦(手などの震え)
  • 発汗(脂汗)
  • 不眠
  • イライラ
  • 抑うつ状態
  • ひどい人は幻覚・幻聴

これらの症状は、酒を飲むとピタリと収まるため、酒がますます止められなくなるのです。

私は気がつくとまた鉄格子の中にいました・・・・・・


お酒を止めたい、減らしたい人へ

●飲酒欲求がさがる炭酸水
【e-soda】

  • 胃が炭酸水で満腹に、飲酒欲求が下がります
  • 同じ理由で、ダイエットにも効果
  • 電源不要
  • 気の抜けたビールやコーラも復活
  • 500mlボトル1本あたり18円の安価

\ e-sodaはこちら /

●お酒を減らせる炭酸水
【強炭酸水KUOS-クオス】

  • 胃が炭酸水で満腹に、飲酒欲求が下がります
  • 8つのフレーバー
  • 炭酸水なのにビール風味あり「うまい」
  • アルコール、糖質、カロリーゼロ
  • 24本入りで2040円

\ クオスはこちら

酒による病気で健康を失い、死にかけた人、死んでしまった人の体験談
アルコール依存症の体験談②逆流性食道炎、がん、食道静脈瘤、脳委縮、大腿骨頭壊死症

アルコール依存症は離婚して家族を失う人が多い。にっちもさっちもいかなくなることを底つきという
アルコール依存症体験談③離婚で家族を失い底つき、ひとり孤独死

所長は酒気帯び運転の常習犯だった。検問で3日連続捕まり、挙句の果てに交通刑務所
酒気帯び運転の常習犯、3日連続逮捕され交通刑務所に

タイトルとURLをコピーしました