精神科・閉鎖病棟の保護室からの解放。鉄格子から脱出 精神病院体験談(1-14)

精神科・閉鎖病棟の保護室からの解放。鉄格子から脱出 精神病院体験談 アルコール依存症

マロさん、検温ですよ

まだ眠気が残る早朝、検温のためムリヤリ起こされました。

時計がなく時間がよくわからないのですが、確か検温は6時半。

まだタバコが吸えてないため、ボーっとしていました。

保護室の壁を見ながら、今日一日はなにを考えて過ごそうか、などと考えていました。

ガチャン、ガチャンと、保護室のドアが次々に開く音がしてきます。

マロさん、朝食ですよ。

私の部屋も鍵とドアを開けられます。

デイルームにいき、自分の名前の朝食プレートを探し、テレビの前に移動させます。

せめてニュースくらいは、とNHKニュースを見ながら朝食に手をつけました。

朝食は、というとたいていの人はご飯だったが、トースターでパンを焼いている人がいます。

保護室の朝食、トースター
保護室の朝食、トースター

看護師に聞くと、ご飯食かパン食かを選べるようでした。

こんなご飯と味噌汁と漬物だけの朝食では、栄養不足になってしまう

パンだと牛乳がつくので、明日からパンに変えてもらいました。

食事が終わると、また保護室にもどります。

ついに牢屋のような閉鎖病棟の保護室から解放される

精神科・閉鎖病棟の保護室
精神科・閉鎖病棟の保護室

鉄格子の中で考え事をしていると、パタパタと足音が聞こえてきました。

今日から開放されますので、10時からデールームで過ごしてください。

そう言われ、ドアを開けられました。

良かった・・・・・・

日中の一部の時間帯ですが、デイルームで過ごせる。

鉄格子の保護室から出られる。

牢屋のような鉄格子の保護室にいると、マイナス思考になり要らないことばかり考えてしまう

保護室にいつまで閉じ込められるのか、いつ緑色の離婚届けが送られてくるのか。

胸の中いっぱいに負の感情が広がり、嗚咽しそうになる。

恐い恐い恐い・・・・・・

またマイナス思考にとりこまれるのが怖い。

スポンサーリンク

保護室から解放されると、少し自由が増える

精神科の閉鎖病棟のテレビ
精神科の閉鎖病棟のテレビ

それが、昼間の半分はデイルームで過ごせるのです。

テレビを観られる。

マンガも読める。

タバコは1日4本のままですが、これは仕方がない。
(現在は全面禁煙になっています)

他の患者とおしゃべりができる。

昼の間は牢屋のような鉄格子の保護室から開放されました

アルコール依存症患者以外は会話にならない

精神科・閉鎖病棟のデイルームのマンガ
精神科・閉鎖病棟のデイルームのマンガ

デイルームにでると、昨日タバコルームで出会った旧友たちは1人もいませんでした。

彼らはまだ開放されていないのか?

保護室でつらい思いをし続けているのか。

デイルームには患者が何名かいました。

しかし、まともに会話ができないような、統合失調症や発達障害の人たちです。

これではおしゃべりができない。

気が紛らわせない。

ニュースでも見てシャバの事件や世界情勢でも知っておこうとしました。

しかし、アナウンサーの声は聞こえるのですが頭に入ってこないのです。

まだアルコールの飲みすぎで頭がボケているのか。

マンガを手に取ってみたが、絵はわかるのだが字が頭に入ってこない。

スポンサーリンク

アルコール離脱症状が治まらない

アルコール離脱症状の手の震え・振戦
アルコール離脱症状の手の震え・振戦

まだアルコール離脱症状が出ています。

手が震え、脂汗もでています。

不安感もあり、つらい。

何かに集中すれば時間が経つのですが、なかなか集中できず時間がたたない。

食後と3時のタバコタイムの時だけは、保護室で閉じ込められている人が出てきます。

やっと話ができる。

アルコール依存症患者たち

精神科・閉鎖病棟の喫煙所
精神科・閉鎖病棟の喫煙所

喫煙所で待っていると、次々と旧友がやってきました。

ヤナイさん(女性、2つ上)が入ってきます。(以下すべて仮名)

ヤナイさん、調子はどうですか?

ヤナイ「もう気が狂いそうよ。もう2週間も閉じ込めされとるんよ。あれ? 3週間かな?

うわ、3週間! すでに日付がわからなくなってるし。

スポンサーリンク

ワタナベくんはまだ点滴をしていました。

私は1日3回で終わったのですが、彼は症状が重いようです。

ワタナベくん、調子は?

ワタナベ「ボーっとしてます。幻覚が見えるんですよ。部屋の木の模様が魚になって泳いだり、虫になって這っていったり・・・・・・

うわ!・・・・・・幻覚って本当にあるんだ。

アルコール離脱症状の幻覚
アルコール離脱症状の幻覚

こんなの、人間のいるところじゃない!こんなところにいたら発狂する!

嫌だ!

どこでもいい、普通の病棟にいかせてくれ!

看護師にお願いしました。

スポンサーリンク

精神科・閉鎖病棟の保護室からの解放。鉄格子から脱出 精神病院体験談

まとめ
  • 昼間はデイルームで過ごせる「半開放」処置になりました。
  • しかし、半開放になってもアルコール離脱症状は続いています。
    手の震え、発汗、精神的には不安感や恐怖感です。
    そして酷い場合はワタナベくんのように幻覚がでます。
  • ある断酒会の人は、ひどい幻覚が起きてマンションの8階から飛び降りようとしました
  • 連続飲酒が抜けたすぐあとは、まったく集中力がおきません。
    テレビの声も、マンガのセリフすら頭に入って来ない状態です。
  • みなさんも飲みすぎには注意!

お酒を減らしたい方

お酒が飲みたい時、アルコール依存症者はよく「炭酸水をガブガブ飲んで腹を太らせる」などの方法で飲酒欲求を下げます。

炭酸水を腹いっぱいに飲むと、お酒を少ししか飲めず健康にいい、節約ができるなどのメリットがあります。

食事の直前に飲めば、胃が膨らんで食欲が減り、ダイエットにもなりますよ。

【クオス】はコマーシャルもしている有名な強炭酸水です。

8種のフレーバーで飽きない
\ クオスはこちらから /