精神科の閉鎖病棟、個室はポータブルトイレでむちゃ臭い!精神病院体験談(1-16)

精神科の閉鎖病棟、個室はポータブルトイレでむちゃ臭い!精神病院体験談

小島「じゃあ、後での・・・・・・」

久しぶりに会ったコジマさんと分かれた後、看護師に病棟を案内された。R4病棟は病院の4階にある。私が自動ドアから入ってきた、そこはデイルーム。50インチの液晶テレビが正面にあり、ソファーやイスでくつろいで見ることができる。

精神科・閉鎖病棟のデイルームのテレビ
精神科・閉鎖病棟のデイルームのテレビ

正方形と長方形のテーブルがいくつか置いてあり、読書やおやつを食べるスペースになっている。30人以上は座れるか、そんな大きなデイルームだ。

●筆者筆者

 


メンヘラ男。アルコール依存症歴11年、25歳でうつ病、39歳でアルコール依存症とうつ病を再発、さらに双極性障害になりメンヘラに。断酒に失敗し広島の瀬野川病院、呉みどりヶ丘病院などの精神病院・閉鎖病棟に10回も入院。精神障害者手帳2級、障害年金2級。断酒・入院・うつの体験談、どうやって飲まないで生きていくかのノウハウを書いていきます。

※なお、筆者の体験談は事実のままですが、断酒会の事例は架空の人物ものとします

精神科の閉鎖病棟の様子

看護師詰所
看護師詰所  出典:医療法人社団 景珠会 より引用

デイルームの隣にはガラス張りの看護詰所。その前には喫煙室がある。(現在は全館禁煙となっている)

建物は真ん中に吹き抜けがあるため、四角い輪っかのようになっている。その内側、吹き抜けに沿って窓ガラスと廊下があり、廊下の隣に4~6人部屋の病室。R4病棟は男女混合だが、左側が男子の病室、右側が女子の病室となっており、男性病室とは互いに立ち入り禁止となっている。デイルームと喫煙室は男女混合。

建物の外周は窓、窓の下はロッカーか腰かけ。そして並んで洗面台、トイレ、個室がある。

精神病院の廊下
精神科・閉鎖病棟の廊下 出典:矢作川病院HP より引用

看護師「マロさんはまだ半開放なので、部屋はここになります」

個室に案内された。

入ると、壁は水色に塗られており、奥の窓が少し開いてる。個室といっても総合病院のようなリッチでVIPなものではなく、部屋の中には地べたに置かれたマット、ポータブルトイレ、以上、それしかないのだ。

その時は、この暑いのになぜ窓が開いているのかは気にならなかったが、後ほどわかる。

マットは床に直に敷いてある。保護室と同じだ。ただ、保護室と違って、一応シーツがかけられていた。それだけでもなんとなくありがく思えてしまう。

そしてその横に、白いポータブルトイレが置いてある

閉鎖病棟の個室のポータブルトイレ
閉鎖病棟の個室のポータブルトイレ

私(また牢屋なのか・・・・・・?)

保護室の恐怖がフラッシュバックしてくる。

看護師「マロさんは半開放なので、夜10時から、朝まで鍵を閉めます。昼は自由行動できますよ」

私(夜だけ閉じ込めされるのか・・・・・・じゃあいいや、寝てる間だけだし)

その後、看護師から洗面所・トイレ・洗濯機の使い方・飯の時間・検温など病棟の説明があった。私は昼間、デイルームにずっといた。私の個室はまるで「保護室」に思えたので、そこにいるのは気分が悪かったから。

1階の牢屋のような保護室から開放され、少し落ち着いてきた。久しぶりに「自由に」タバコが吸える。3本、ちょっと吸いすぎかな、と思うぐらい吸ってしまった。売店日まで「タバコの在庫」をちゃんと計算しておかないといけないのを思い出した。

精神科の閉鎖病棟では買い物が自由にできない

精神科の売店
精神科の売店

精神科の閉鎖病棟では、普通の病院のように買い物が自由にできない。まず、勝手に売店に行くことはできない。認知症や、重い自閉症の患者もいるので、自由に売店にいけたら大変なことになるからだ。
お金の管理ができないため、お菓子やコーラを買いまくり、一日中食べ続けるのは間違いない。

私の病棟の売店での買い物は、週に一度、火曜日となっていた。その日に、タバコ1週間分、お菓子、ジュース、歯磨き粉や洗剤などの日曜雑貨を購入する。お菓子類は、ジュースも含めて1,800円まで、と決められている。私はビタミン飴、カフェインで気分を上げるためのコーラ、あとはタンパク質補給のためジョグメイトなどを買う。

女子、とくにオバサンなどはポテトチップス、ハッピーターン、ばかうけせんべい、ナントカ飴、パン、ココナッツサブレなどの駄菓子を山のように買っている。白いビニール袋パンパンに菓子ばかりだ。

私(運動もしないくせにそんなに菓子ばっかり食べたら太るぞ)

と思うものの、ここ精神科では他人に関わるとトラブルの元となるため、黙っておく。

糖尿病のある人は、お菓子に制限がかかる。看護師が管理して、必要以上カロリーがあるものは買わせないようにするのだ。そして、現金は持てない。病院に預けてある「小遣い用のお金」から代金が引かれていくのだ。

飲んだくれが閉鎖病棟で久しぶりに運動してみる

閉鎖病棟で運動
閉鎖病棟で運動

酒を飲み始めて以来、飲みっぱなし、ずっと飲んだくれていたため、運動ゼロ、まったくサボっていた。時間がありあまるほどあったため、久々に身体を動かそうと思った。私の部屋は保護室のようで嫌なので、廊下のすみで身体を動かす。

シャドー(ボクシング)をやろうとしましたが、よく考えると閉鎖病棟内でジャブやストレートを出していたら注意されるかもしれない。それはやめて、足だけ、ボクシングのステップを踏む。3分ずつくらい。そして腹筋や腕立て伏せなどを何セットかやってみた。

しかし、ほんの一週間しかサボってないのに、息がゼーゼーと切れる。

コジマさんが車いすでそばまで来た。

コジマ「マロちゃん。前の時みたいにコレはせんのかの?」

コジマさんは左右の手で拳をつくりパンチを出すマネをする。以前入院していた3階では、普段から廊下でシャドーをやっていた。

私「いやぁ、初日からいきなりはマズいんじゃないかなぁ」

コジマ「ははは、そうかもしれんのぉ」

2人で笑った。

夏の日に、窓が閉まらない暑い部屋

閉鎖病棟の個室の閉まらない窓
閉鎖病棟の個室の閉まらない窓

寝る前の睡眠薬をもらい、部屋に戻った。あいかわらず窓が10センチくらい開いている。シャバに出てないので分からなかったが、9月はまだむせるように暑い夜だった。廊下やデイルームは、クーラーが効いて涼しく、まったく気がつかなかったのだ。

私の部屋だけ、窓が開いているため暑い。窓を閉めようと思ったが、思いっきり引いても押してもビクともしない。

私(なぜだ?なぜ動かない?なにかでロックしてあるのか?)

アルミの窓枠を覗きこむと、窓がネジ数本でがっちりと固定されていた。

私(どうして?暑くてねむれないじゃないか)

どうにも暑くてたまらない。布団をかけずに横になった。

個室の中、小便臭くてたまらない

夜中、何時だろうか、ふと目が覚めた。小便に行きたい。

ドアは鍵が閉められていて開かないため、部屋の隅のポータブルトイレに小便をした。そしてまた寝また。

個室のポータブルトイレ
個室のポータブルトイレ

朝になって目が覚めた。

私「臭い!」

小便臭い。 高い気温のせいで小便の臭いがポータブルトイレから立ちのぼりり、部屋中が臭いのだ。

私(臭いから窓が開いていたのか・・・・・・やっとわかった)

生ぬるい気温で何時間も放置された小便は、とてもじゃないが耐えれない悪臭を発していた。子供が小さい時は、娘たちの紙おむつをずっと替えてきたが、それはあまり気にならなかった。自分の、大人の小便の臭いは我慢出来ない。

私「小便の臭いが我慢できない。ドアに鍵をかけるのはやめてくれ。トイレに行かせてくれ!」

看護師にお願いした。

精神科の閉鎖病棟、個室はポータブルトイレで臭い!

瀬野川病院の4階は閉鎖病棟で、一応男女混合ですが、病室間は互いに出入り禁止でした。

女性患者はほぼオバサンですが、まれに20代の若い娘もいます。

私が連れられた部屋は個室でしたが、「4階の保護室」でした。夏場のポータブルトイレでとても臭くて我慢できません。

売店日は週に1回。日用雑貨は自由に買えますが、おやつは1800円まで。1800円のオヤツは私には十分すぎる量でしたが、日ごろからオヤツを食べる癖がある人には足りないようです。閉鎖病棟はヒマなので、ついオヤツに手が出るのでしょう。

結局、ここに3ヵ月近くも滞在することになりました。

アルコールが切れて1週間もいれば十分だと思いました。3ヵ月という長期間の意味がわかりません。人生における3ヵ月は長いのです

害のあるお酒より、健康飲料を。

●アメリカ西海岸のセレブご用達
あの【BTS】も!?
 昆布茶ではなくアメリカの【コンブチャ】

  • 菌活飲料
  • 乳酸菌・酵素・ポリフェノールたっぷり
  • ミネラル・ビタミン・アミノ酸も
  • 美容・健康に

\ コンブチャはこちら /

●飲み過ぎて後悔したくない人
後悔が多い人
肝機能が不安な人へ【エカス】

  • うっかり飲みすぎても毎日快調
  • 特許取得成分配合
  • ウコン等に満足できない人に
  • 30日間全額返金保証

\ エカスはこちら

あなたに役立つ記事


タイトルとURLをコピーしました