精神科の閉鎖病棟、個室はポータブルトイレでむちゃ臭い!精神病院体験談(1-16)

精神科の閉鎖病棟、個室はポータブルトイレでむちゃ臭い!精神病院体験談 アルコール依存症

じゃあの、後での・・・・・・

久しぶりに会ったコジマさんと分かれた後、看護師に病棟を案内されました。

R4病棟は病院の4階にあります。

私が自動ドアから入ってきた、そこはデイルーム。50インチの液晶テレビが正面にあり、ソファーやイスでくつろいで見ることができます。

精神科・閉鎖病棟のデイルームのテレビ
精神科・閉鎖病棟のデイルームのテレビ

正方形と長方形のテーブルがいくつか置いてあり、読書やおやつを食べるスペースになっています。30人以上は座れるか、そんな大きなデイルームです。

精神科の閉鎖病棟の様子

精神科・閉鎖病棟の看護師詰所
出典:医療法人社団 景珠会 より引用

デイルームの隣にガラス張りの看護詰所。

その前に喫煙室があります。(現在は全館禁煙となっています)

建物は真ん中に吹き抜けがあるため、四角い輪っかのようになっています。

その内側、吹き抜けに沿って窓ガラスと廊下があり、廊下の隣に4~6人部屋の病室。R4病棟は男女混合ですが、輪っかの左側が男子の病室。

右側が女子の病室となっており、男性病室とは互いに立ち入り禁止となっています。デイルームと喫煙室は男女混合。

建物の外周は窓、窓の下はロッカーか腰かけ。そして並んで洗面台、トイレ、個室があります。

精神科・閉鎖病棟の廊下
精神科・閉鎖病棟の廊下 出典:矢作川病院HP より引用

マロさんはまだ半開放なので、部屋はここになります

スポンサーリンク

個室に案内されました。

入ると、壁は水色に塗られており、奥の窓が少し開いています。

個室といっても総合病院のようなリッチでVIPなものではなく、部屋の中には地べたに置かれたマット、ポータブルトイレ、以上、それしかないのです。

その時は、この暑いのになぜ窓が開いているのかは気にならなかったのですが、後ほどわかります。

マットは床に直に敷いてあります。保護室と同じ。

ただ、保護室と違って、ちゃんとシーツがかけられていました。それだけでもなんとなくありがく思えてしまいます。

そしてその横に、白いポータブルトイレが置いてあります

精神科・閉鎖病棟の個室のポータブルトイレ
精神科・閉鎖病棟の個室のポータブルトイレ

また牢屋なのか・・・・・・?

保護室の恐怖がフラッシュバックしてきます。

ふくさんは半開放なので、夜10時から、朝まで鍵を閉めます。
昼は自由行動できますよ。

夜だけ閉じ込めされるのか・・・・・・
じゃあいいや、寝てる間だけだし

その後、看護師から洗面所・トイレ・洗濯機の使い方・飯の時間・検温など病棟の説明がありました。

私は昼間、デイルームにずっといました。私の個室はまるで「保護室」に思えたので、そこにいるのは気分が悪いからです。


1階の保護室から開放され、少し落ち着いてきました。

久しぶりに「自由に」タバコが吸えます。ちょっと吸いすぎかな、と思うぐらい吸いました。

「タバコの在庫」を計算しておかないといけないのを思い出します。

スポンサーリンク

精神科の閉鎖病棟では買い物が自由にできない

精神科の売店
精神科の売店

精神科の閉鎖病棟では、普通の病院のように買い物が自由にできないのです。

勝手に売店に行くことはできません。認知症や、重い自閉症の患者もいるので、自由に売店にいけたら大変なことになるからです。

お金の管理ができないため、お菓子やコーラを買いまくり、一日中食べ続けるのは間違いない。

私の病棟の売店での買い物は、週に一度、火曜日となっていました。その日に、タバコ1週間分、お菓子、ジュース、歯磨き粉や洗剤などの日曜雑貨を購入します。

お菓子類は、ジュースも含めて1,800円まで、と決められています。私はビタミン飴、カフェインで気分を上げるためのコーラ、あとはタンパク質補給のためジョグメイトなどを買います。

女子、とくにオバサンなどはポテトチップス、ハッピーターン、ばかうけせんべい、ナントカ飴、パン、ココナッツサブレなどの駄菓子を山のように買っています。

白いビニール袋パンパンに菓子ばかり。

運動もしないくせにそんなに菓子ばっかり食べたら太るぞ。

と思いましたが、ここ精神科では他人に関わるとトラブルの元となるため、黙っておきます。

糖尿病のある人は制限がかかります。看護師が管理して、必要以上カロリーがあるものは買わせない。

そして、現金は持てない。病院に預けてある「小遣い用のお金」から引かれていきます。

スポンサーリンク

飲んだくれが閉鎖病棟で久しぶりに運動してみる

精神科・閉鎖病棟で運動
精神科・閉鎖病棟で運動

酒を飲み始めて以来、飲みっぱなしで飲んだくれていたため、運動ゼロ、まったくサボっていました。

時間がありあまるほどあったため、久々に身体を動かそうと思いました。

私の部屋は保護室のようで嫌なので、廊下のすみで身体を動かします。

シャドー(ボクシング)をやろうとしましたが、よく考えると閉鎖病棟内でジャブやストレートを出していたら注意されるかもしれない。

それはやめて、足だけ、ボクシングのステップを踏みます。3分くらい。そして腹筋や腕立て伏せなどを何セットかやりました。

しかし、ほんの一週間しかサボってないのに、息がゼーゼーと切れます。

コジマさんがそばに来ました。

マロふくちゃん。前の時みたいにコレはせんのかの?

コジマさんは左右の手で拳をつくりパンチを出すマネをします。

以前入院していた3階では、普段からシャドーを廊下でやっていました。

いやあ。初日からいきなりはマズいんじゃないかなぁ

ははは、そうかもしれんのぉ

2人で笑いました。

スポンサーリンク

夏の日に、窓が閉まらない暑い部屋

精神科・閉鎖病棟の個室の閉まらない窓
精神科・閉鎖病棟の個室の閉まらない窓

寝る前の睡眠薬をもらい、部屋に戻りました。窓が10センチくらい開いています。

シャバに出てないので知らなかったのですが、9月は、まだむせるように暑い夜でした。

廊下やデイルームは、クーラーが効いて涼しく、まったく気がつかなかったのです。

私の部屋だけ、窓が開いているため暑い。

窓を閉めようと思いましたが、思いっきり引いても押してもビクともしませんでした。

なぜだ?なぜ動かない?なにかでロックしてあるのか?

アルミの窓枠を覗きこみます。窓は、ネジ数本でがっちりと固定されていました。

どうして? 暑くて眠れないじゃないか

どうにも暑くてたまりません。布団をかけずに横になりました。

スポンサーリンク

個室の中、小便臭くてたまらない

夜中、何時だろうか、ふと目が覚めました。小便に行きたい。

ドアは鍵が閉められていて開かないため、部屋の隅のポータブルトイレに小便をしました。

そしてまた寝ます。

精神科・閉鎖病棟の個室のポータブルトイレ
精神科・閉鎖病棟の個室のポータブルトイレ

朝。

臭いっ!

小便臭い!

高い気温のせいで小便の臭いがポータブルトイレから立ちのぼりり、部屋中が臭いのです。

臭いから、窓が開いていたのか・・・・・・

生ぬるい気温で何時間も放置された小便は、とてもじゃないが耐えれない悪臭を発していました。

子供が小さい時は、娘たちの紙おむつをずっと替えてきたのだが、それはあまり気にならなかったのです。

しかし自分の、大人の小便の臭いは我慢出来ません。

小便の臭いが我慢できない。ドアに鍵をかけるのはやめてくれ。トイレに行かせてくれ!

看護師にお願いしました。

スポンサーリンク

精神科の閉鎖病棟、個室はポータブルトイレで臭い!

瀬野川病院の4階は閉鎖病棟で、一応男女混合ですが、病室間は互いに出入り禁止でした。

女性患者はほぼオバサンですが、まれに20代の若い娘もいます。

私が連れられた部屋は個室でしたが、「4階の保護室」でした。夏場のポータブルトイレでとても臭くて我慢できません。

売店日は週に1回。日用雑貨は自由に買えますが、おやつは1800円まで。1800円のオヤツは私には十分すぎる量でしたが、日ごろからオヤツを食べる癖がある人には足りないようです。閉鎖病棟はヒマなので、ついオヤツに手が出るのでしょう。

結局、ここに3ヵ月近くも滞在することになりました。

アルコールが切れて1週間もいれば十分だと思いました。3ヵ月という長期間の意味がわかりません。人生における3ヵ月は長いのです

スポンサーリンク