退院支援委員会とは、退院、そして再飲酒 精神病院体験談(1-24)

退院支援委員会とは、退院、そして再飲酒

アルコール依存症で精神病院の閉鎖病棟に入院して、はや2ヶ月が過ぎた。私は患者としては優等生なもんだから、週1で帰宅(外泊練習)も許可されている。

しかし、帰宅途中で酒を飲んだら一巻の終わりなので、車で妻に迎えに来てもらうのだ。

アルコール依存症の外泊は、もちろん酒なし

アルコール依存症の外泊は、もちろん酒なし
アルコール依存症の外泊は、もちろん酒なし

最初のうちは1泊2日、問題なければ2泊3日を自宅で過ごす。自宅で酒などを飲まず、平和な日常生活を送ることを練習するのだ。

主治医から、家での患者の様子を記入する紙きれが渡され、それを保護者(妻、親)に渡す。

  • 家での様子は        静かだった / 普通 / 良くしゃべった
  • イライラしていなかったか  はい / 普通 / いいえ
  • 病院に要望はありますか   (                )

このような質問がならび、最後に

  • お酒を飲んだか       はい / いいえ

とくる。

ほとんどの患者はなるだけ早く退院したいので、家でなにかあってもじっと我慢して「よい子」で過ごす。外泊が終わり病院に戻ると、妻が看護師長にその紙切れを渡す。

それを2、3回繰り返し、「問題なく過ごせた」ことを主治医が認めれば、退院はもうすぐだ。しかし実際には、身寄りがいない独り暮らしの患者などは晩酌などをやっている。

入院し、一番最初に保護室に入った時、入院計画書に「3ヶ月の入院が必要」と記されていた。しかし、閉鎖病棟のオリの中で3ヶ月も過ごしたくない。早くシャバに戻りたい。それだけを考えるようになってくる。

●筆者筆者

 


メンヘラ男。アルコール依存症歴11年、25歳でうつ病、39歳でアルコール依存症とうつ病を再発、さらに双極性障害になりメンヘラに。断酒に失敗し広島の瀬野川病院、呉みどりヶ丘病院などの精神病院・閉鎖病棟に10回も入院。精神障害者手帳2級、障害年金2級。断酒・入院・うつの体験談、どうやって飲まないで生きていくかのノウハウを書いていきます。

※なお、筆者の体験談は事実のままですが、断酒会の事例は架空の人物ものとします

退院支援委員会で退院日が決まる

退院支援委員会
退院支援委員会

3回ほど外泊し、実績をつくった後、主治医との面接時にいった。

私「もうそろそろ退院したいのですが、どんなもんでしょうか

主治医はすこし考え、こういった。

主治医「 来週末あたりにしましょうか。その前に退院支援委員会を開きましょう」

退院支援委員会とは

そして数日後、主治医、担当看護師、妻、私の4人で退院支援委員会が開かれた。アルコール依存症は、他の病のように「病気がよくなったらすぐ退院」というわけにはいかない。アルコール依存症は一生治らない病気、薬物依存のため

家で酒を飲まずに生活していけるか

が退院できるかできないかの重要なポイントとなる。

  • 退院した後どうするか
  • 仕事をするのか、しないのか
  • 酒を飲まずにちゃんと生活できるのか

主治医と看護師と妻とで確認される。話しあいの後、主治医と保護者がOKをだせばめでたく退院のはこびとなる。

結局、一週間後に退院が決まりまった。それまでが長い一週間。1日、1日とカウントダウンしていく。仲がよい患者にだけ、退院する事をいっておく。心から喜んでくれるから。

そうでもない患者には言わない。ねたまれるから。

Xデー、退院日が来た

退院のためのボストンバッグ
退院のためのボストンバッグ Amazon.co.jpより引用

待ちに待って、やっと、その日になった。早く目が覚め、荷物をまとめておく。妻は9時に来ると言っていましたが、それまでの時間がとても長く感じる。

看護師たちに

私「短い間ですがありがとうございました。お世話になりました」

とお礼を言っておく。

まだ退院日が決まらない仲間にも、今日だけは

私「先にシャバに出てるから。みんな頑張って」

と言っておく。

妻が迎えに来た

迎えに来た妻が曇りガラスの向こうに
迎えに来た妻が曇りガラスの向こうに

曇りガラスのドアの向こうに、女性の人影が見える。背格好から、妻だとわかる。自動ドアがあいて、待ちにまった妻の姿が見えた。

患者仲間には、拍手された。

退院!

待ちに待った退院!

嬉しかった。

精神病院・閉鎖病棟よサヨウナラ

退院した後、妻の運転で帰る
退院した後、妻の運転で帰る

妻が外来の受付でいろいろ手続きし、やっとこの瀬野川病院との関係が切れた。

車に乗り、妻の運転で帰り路を急ぐ。車は国道を走る。何とも言えぬ複雑な思いで、通り過ぎる景色を眺めていた。

もう、二度とこんなことろに入院しない。もう、うんざりだ。もう、いっさい酒を飲まない。今後は真面目に生きていこう。

妻「昼飯は何がいい?」

私「こってりしたラーメンと餃子!

そう答えた。

退院後のラーメン
退院後のラーメン

まずい病院食ばかりだった私には、久しぶりのラーメンは旨かった・・・・・・

・・・・・・ 第1話 完 ・・・・・・


第1話は完了です。

ご愛読ありがとうございました。

え、第1話?ということは、第2話が?

そう、まだ続くのです。

アルコール依存症はそう簡単には落ち着かないのです。

何回も再飲酒してしまいました。

そしてアルコール依存症専門呉みどりヶ丘病院を含め、何回も入院してしまったのです。

退院した後、がむしゃらに断酒を頑張ります。

まっとうな日々を送りました。

酒の無い生活を送りました。

そして、その生活が慣れてきます。

そして、辛かった入院も、喉もとすぎれば熱さ忘れる。

半年後、やってはいけないスリップ・再飲酒。

再飲酒のチューハイ
再飲酒のチューハイ

また転げ落ちていきます。

続きはまたアップします。

またよろしくお願いします・・・・・・


酒を止めると娯楽がなくなってしまう人へ

【BONS】オンラインカジノ

  • ボーナスコード 「otoku45
    入金無料プレイ
  • 酒を飲むよりずっといい
  • 数100種類のゲームで飽きない
  • 勝利金をすぐ出金したい人はボーナスなしが早い

\BONSカジノはこちら/

ボンズカジノ

ボタン

●【ドラ麻雀】

  • ゲームではなくお金を賭け合う
    本物のオンラインネット麻雀
  • 酒を飲むよりずっといい
  • ボケ防止に
  • ゲームではなく賭けるので本気になれる

\ 【ドラ麻雀】はこちら

DORA麻雀 お金を賭けたガチンコ勝負

ボタン

あなたに役立つ記事

うつ病 + 離婚 + やけ酒で、どんどんうつ症状が悪化していきます
やけ酒でうつ病がますます悪化していく|妻との離婚が原因

離婚とやけ酒でうつ症状が極度に悪化した私は、自殺を図ります
うつ病に疲れた、人生に疲れた、睡眠薬を一気飲み

アルコール依存症にうつ病や躁うつ病を同時に発症すると、障害者手帳が取得できます
障害者手帳の取得による割引や税金など、5つのメリットとデメリット

タイトルとURLをコピーしました