お酒は食べる前に飲むほうが身体に良いって本当?

お酒を食べる前に飲むと身体に良いって本当

※この記事はあくまでも主観に基づいた内容です。実行しないでください。

普通、食事をしながら、あるいは食後にお酒を飲んだ方がほうがいいって聞くんだけど、食べながら飲む方が身体に悪いって?

食べる前に飲むほうが肝臓に良いという人がいるけど本当?

この記事は次のような人に書かれています。

  • 大酒飲み
  • アルコール依存症ではないが、それに近い人
  • 飲みはじめたら酩酊するまで飲む人

一般的には、食べてからお酒を飲む方が健康によい

食べてからお酒を飲む方が健康によい
食べてからお酒を飲む方が健康によい

一般的には、空腹時に直接酒を飲むと、アルコールで食道や胃粘膜が荒れたりダメージを受けます

先にアルコールが吸収されるため、すぐに酔ってしまいます。

食べ物、特に高たんぱくなものを食べて胃壁を保護しながら、軽くビールや日本酒を飲むのが理想的です。

こんな人は食べる前に飲んだほうがいい

食べる前に飲んだほうがいい
食べる前に飲んだほうがいい
  • 大酒飲み
  • アルコール依存症ではないが、それに近い人
  • 飲みはじめたら酩酊するまで飲む人

これらすべてを体験してきましたが、この場合、とにかく酩酊、泥酔したいのです。

飲んですぐに酩酊したい。

気持ちよい状態に持って行きたい。

しかし、食べ物を食べた後に飲んでしまうと、酔わない

食べ物が胃の中にあるため、混ざってしまいぜんぜん酔わない

そのため、酒をいつもより大量に飲んでしまう

酔うまで、際限なく飲んでしまう。

酩酊するまでだらだら長時間飲んでしまう。

結果、アルコール摂取量がいつもより多くなってしまい肝臓・すい臓に余計な負担をかけてしまう。

摂取カロリーも高くなる

酔い加減がわからず嘔吐したりする。

嘔吐すると、逆流性食道炎のリスクが高まります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました