保護室に隔離、反省するしかない。まるで刑務所 精神病院体験談(2-16)

保護室に隔離、反省するしかない。まるで刑務所

私はまだ閉鎖病棟の保護室の中です。

4畳半ほどの鉄格子の中、狭い保護室で、世間から隔離されています。

「半開放」という処置になればデイルームで時間をつぶすことができるのですが、まだそうなっていないためにひとり殺風景な牢屋でじっと耐えなければならないのです。

精神病院の保護室で隔離中

食事の時間、3時のタバコの時間以外は、保護室から一切出ることができない

「半開放」になれば昼間は保護室から解放されるため、デイルームでテレビを観たり、作業療法で音楽を聞いたり、他の患者とおしゃべりで気を紛らわすことができるのです。

愉快な患者がいれば、交友を楽しむこともできます。

しかし、まだ独り保護室の刑。

食事が終わったらタバコを吸って、すぐ歯磨きをして、10分くらいはテレビを観ることができるのですが、すぐに部屋に戻され、またガチャンと鍵をかけられます

マンガ雑誌
マンガ雑誌

小さな本棚にジャンプやマガジンなどのマンガ雑誌が15冊くらい並べてあります。誰かが読み終えた昨日の新聞もあります。

保護室に入ってしまえばシャバから隔離されているため、2、3日のズレは関係ないため、昨日の新聞でも十分です。

古新聞と何冊かのマンガ雑誌を手に保護室へ戻ります。

まだアルコール離脱症状で頭がボーッとしていて、新聞を読もうがマンガを読もうが、まったく頭に入ってきません

お菓子は売店日になれば購入してもらえるのだが、まだその日はきません。

スポンサーリンク

保護室では反省することばかり

酒を飲んだ反省
酒を飲んだ反省

今、できることといえば。

アルコール離脱症状で苦しい中、過去の記憶、つまり再飲酒に至った記憶を思い起こし、繰り返しはんすうして後悔することです

もしかしたら後悔させるために保護室に入れられているのかもしれません。

刑務所と同じことかもしれません。

断酒を失敗し、再飲酒し続けた毎日のことをずっと思い出します。

ワンカップ焼酎
ワンカップ焼酎

あの時、あの一杯を我慢しておけばこんな目に合わなかった。

晩酌で抑えておけばよかった。

朝から焼酎を流し込むなんてことをしなければ、こんな辛い目にあわずにすんだはず。

妻に迷惑をかけて悪かったな・・・・・・

娘たちを傷つけて悪かったな・・・・・・

スポンサーリンク

保護室で離婚のことばかり考える

離婚届け
離婚届け

独り保護室の中で、今から起こるであろう出来事を予測します。

タイトルとURLをコピーしました