オカマが精神科に入院。口説かれるので困った話 精神病院体験談(2-22)

オカマが精神科に入院、口説かれるので困った

今回は精神科の閉鎖病棟に入院してきたオカマ爺さんの話です。

しかもオカマ爺さんはチビ・デブ・ハゲのモテナイ三拍子でした。

ところで、最近は「オカマ」というのが差別用語になるらしいですね。

●オカマは差別用語

オカマ

オカマについてWikipediaで調べてみると

オカマとは、日本における女装男性(トランスジェンダー)を含めた一部の男性同性愛者を指す名称(蔑称)である。

男性同性愛者の中でも、女性的な非女装の男性同性愛者(オネエ)や、トランスジェンダーの中で、女装だけして身体は男性のままでいたい人など、女性度が高い同性愛者は「オカマ」と自称する傾向がある一方で、同性愛者でも、性自認が男性で、男性としてのアイデンティティを保持するゲイや若いゲイ、性同一性障害の人たちはオカマ呼称を差別的だとして嫌がる傾向がある。

Wikipedia おかま より引用

女性的な非女装な男性同性愛者」と、なんだかこんがらかりそうな解説ですが、オカマは差別用語のようです。しかし、ゲイは差別用語ではないようです。日本語はNGで英語はOK。なんとも不思議な話です。

今回出てくるのは70歳近い昭和世代のゲイなので、オカマということにします。

●筆者筆者

 


メンヘラ男。アルコール依存症歴11年、25歳でうつ病、39歳でアルコール依存症とうつ病を再発、さらに双極性障害になりメンヘラに。断酒に失敗し広島の瀬野川病院、呉みどりヶ丘病院などの精神病院・閉鎖病棟に10回も入院。精神障害者手帳2級、障害年金2級。断酒・入院・うつの体験談、どうやって飲まないで生きていくかのノウハウを書いていきます。

※なお、筆者の体験談は事実のままですが、断酒会の事例は架空の人物ものとします

精神科の閉鎖病棟に新患

閉鎖病棟の喫煙所の灰皿
閉鎖病棟の喫煙所の灰皿

太陽の光が痛い、まだ暑い夏の日だった。

昼飯が終わった後、男4人で喫煙所でくだらない話をして時間を潰していた。喫煙所のベンチの上には屋根があり、暑い陽射しを受け止めている。ちょうど影になっているベンチに座って、4人は雑談をしていた。

私は4つあるベンチの隅に座っている。

向かい側には、薬物依存系だろうと思われる若いニイチャンが座っていた。

私は病院内ではどうでもいい恰好、というか妻がボストンバックに詰めていたどうでもいい服を着るしかなかったが、ニイチャンはまだ若いせいか病院内でもオシャレな恰好をしていた。

そのニイチャンの隣に、70歳はとうに過ぎたであろう、チビでハゲて腹が出ている小太りの爺さんが、タンクトップで話しに混じっていた。

若いニイチャンは暑いからか半ズボンを履いていた。半ズボンをめくって太ももを出し、あぐらをかいていた。野郎同士のタバコ、何でもない風景だ。

オカマ爺さんが若いニイチャンに言い寄る

半ズボンでスネ毛を出した兄ちゃん
半ズボンでスネ毛を出した兄ちゃん

しかし、気がつくとなんだか不自然に、ニイチャンと爺さんの距離が近かった

野郎同士のくだらない会話がとめどなく進んでいる。ところがその爺さんは、会話に入らずにずっとニイチャンを見つめていたのだ。

そして爺さんは、いきなりニイチャンの足に手を伸ばし、「いいスネ毛してるじゃない?」と、スネをなで始めた

ニイチャン、いや全員が固まった。予想もできない爺さんの行動に、みな固まり何も反応ができなかったのだ。

爺さんの手はスネから太ももへと移っていきます。ニイチャンはさすがに黙っておれず「セクハラっすよ!」と、手をはねのけた。

オカマ爺さんに口説かれ触られる!

チビ・デブ・ハゲのオカマ爺さん
チビ・デブ・ハゲのオカマ爺さん

オカマ爺さんは若いニイチャンの体を首から背中から足へと、なめるように視線を移した。そしてこともあろうかオカマ爺さんは、ニイチャンの陰部を触ろうとしたのだ。さすがにニイチャンは拒絶し、手を思いっきり払いのけました。

次に、なんということだろう、おカマ爺さんはあぐらをかいているニイチャンのももに顔を近づけ、「ひざ枕」をしてもらおうとしたのだ

当然、ニイチャンは拒否。早く逃げろよ!

おカマ爺さんはさらにニイチャンに近づき、耳元に顔をよせ、ささやいた。小声でささやいたのだが、タバコを吸っていた残り3人は興味津々に見守っていたため、言葉がはっきりきこえた。

ニイチャン、アンタ、タイプよ

爺さんはそういって立ち上がり

「ハハハ、冗談、冗談」

といいながら、喫煙所から出ていった。しかし、まったく「冗談」には聞こえず、あれは「本気」だった。ニイチャンも、精神病院の中で、まさかオカマに触られ口説かれるとは思いもしなかっただろう。

しかも、あんな年よりの爺さんがオカマだったとは思いもしなかったに違いない。

以前からオカマの噂はあった

陰毛が欲しいオカマ爺さん
陰毛が欲しいオカマ爺さん

少し前、統合失調症のHくんから「別の噂」を聞いていたので、ニイチャンに伝えておいた。彼が言うには、オカマ爺さんは何回も刑務所にいたらしい。

そしてHくんはこういった。

あの爺さんに、チ〇毛をくれ、と言われました。しゃぶりたいからって

統合失調症のHくんもおカマ爺さんに口説かれていたのだ。皆、さらに凍りついた・・・・・・

オカマが精神科に入院。口説かれるので困った まとめ

精神病院に10回は入院しましたが、ゲイ、オカマに会ったのは今回のみです。

結局、爺さんは何の病気で精神科に入院したのか、最後までわかりませんでした。

性同一性障害でレズというややこしい男性にあったことがありますが、彼は普段は男としてしゃべるため特に不都合はなく仲良くしていました。

その彼はヤクザ系の組員だったため、親分なる人が迎えに来るとすぐに退院していき、それはうらやましく思いました。

酒を止めた人、高級酒や古い酒は売れます!

お酒の買取【買取リカーズ】

  • 自宅まで出張買取
  • 全国から宅配買取
  • ニッカウヰスキー木彫りの熊
    10,000円など

\【買取リカーズ】はこちら

●お酒の高価買取【バイセル】

  • 日本全国で買取
    マッカラン、ゴーティエ、
    シングルモルトなど
  • 取っておいた酒が10万円にも

\買取【バイセル】はこちら

タイトルとURLをコピーしました