精神病院は合法ドラッグ(脱法ドラッグ)患者と入れ墨ばかり 精神病院体験談(2-24)

合法ドラッグの入れ墨の患者

※記事は事実をもとに構成されています。決して薬物の乱用を勧める内容ではありません。

当時2013年春ごろまで脱法ドラッグ(合法ドラッグ)はその名の通り合法でした。

●脱法ドラッグ、合法ドラッグとは

合法ドラッグ(脱法ドラッグ))

覚せい剤やその他違法薬物の分子構造を少し変えて、〇〇ハーブなどいろいろな名前を付け法の目を逃れネットなどで販売されていました

分子構造を少し変えると別の薬物になるため、これまでの法律では取り締まれないのです。

規制しても規制しても次々と分子構造を変えて新種の脱法ドラッグが出てくるため、「いたちごっこ」と呼ばれていました。

2013年に、たまりかねた国が大きく法律を変えます。

厚生労働省のホームページに以下のように記されています。

平成26年4月1日より指定薬物の所持、使用、購入、譲り受けが新たに禁止されます。

違反した場合、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金又はこれらが併科されます。

薬事法により、指定薬物の輸入、製造、販売、授与、販売若しくは授与目的での貯蔵又は陳列については禁止されていましたが、所持、使用等について特段の規制がなく、指定薬物を含む脱法ドラッグを安易に入手し使用する事例が数多く報告され、急性毒性や「依存症候群」等の精神症状を発現した事例、交通事故等による他者への危害事例が頻発しています。

厚生労働省では、このような状況に対応し、新たな乱用薬物の根絶を図るため、指定薬物の輸入、製造、販売等に加え、所持、使用、購入、譲り受けについても禁止することにしました。

厚生労働省 平成26年4月1日より指定薬物の所持・使用等が禁止になります
より引用

ちょっとお堅いのですが、ざっくりまとめると「合法ドラッグのような、分子構造をちょっと変えただけの薬物もぜんぶ違反とします。所持・使用・購入もぜんぶ取り締まります」ということらしい。

この法律の寸前に何が起きたかというと、警察が合法ドラッグを使った人を捕まえても「逮捕」できないため、保護して全員を精神病院に送りこんできたのです。

これまで精神病院の患者はアルコール3割、薬物1割くらい、残りが慢性疾患(重い統合失調症など)でした。

ところが法律施行前に急に薬物依存が増え、半分ほどの患者が合法ドラッグというありさまになってしまったのです。

スポンサーリンク

●筆者

アルコール依存症の筆者

アルコール依存症歴11年。断酒はするのですが数年に1度くらいスリップし、連続飲酒にハマり入院する。精神病院入院歴10回以上。体験談や皆さんにお役に立てることを書いていきます。

閉鎖病棟・保護室の入院患者

精神病院の保護室の入院患者
精神病院の保護室の入院患者

デイルームで、いつも4~5人の男性がひとりの女性を囲んで談話しているのに気がつきました。

笑い声が絶えないのです。

キ〇ガイじみた患者ばかり診てきたので、普通の人と喋りたい

この人たちはまともな連中かな

と思い、自己紹介をして話に加わってみました。

入院仲間(1)合法ドラッグ(脱法ドラッグ)の患者

合法ドラッグ(脱法ドラッグ)依存の患者
合法ドラッグ(脱法ドラッグ)依存の患者

一人は、全身彫り物だらけの30代半ばくらいのお兄さん。

手にも、半ズボンの足にもいたるところに入れ墨があります。

バラバラに入れた、という感じ。

薬物で入院しているといっていました。

長袖なのに、手首から手の甲に彫り物が見えてますが、別に怖い風でもなく明るい感じでよくしゃべる人でした。

話を聞くと、昔はやんちゃしていたが今は真面目にしている、と本人はいいます。

そのマスダさん(仮名)は、「ドラッグで入院した」のだと言ってたから、合法ドラッグで警察から病院に突っ込まれたのでしょう。

ちっとも真面目じゃない。

合法ドラッグは法律の抜け穴を見つけ、違法にならないように製造された薬物です。

アメリカのスーパースターな歌手や芸能人などが使用していたことで有名になり、日本でも販売されていたのです。

(合法ドラッグは、2012年4月から法律が厳しくなり違法となりました。しかしこの話の、3月時点では合法だったため逮捕するわけにもいかず、措置入院で精神病院に送り込んだと思われます)

マスダさんはまともに就職したいのだが、面接でいつも落とされるといいます。

そりゃ、手の甲にまで彫り物を入れている人間を、まともな会社が雇う訳がない。

スポンサーリンク

入院仲間(2)またも入れ墨の患者

入れ墨の入院患者
入れ墨の入院患者

マトイさん(仮名)という私より少し年上のお兄さんは、よく興奮してベラベラ喋っています。

躁うつ(双極性障害)かもしれません。

この人も両手・両足に入れ墨がはいっていました。

私がこの病院に入院歴があると言ったところ、「現役はおるか?」と聞いてきました。

いったい何のことかよくわからなかったので聞き返したら、
この病院に、現役の筋の者は入院しているか」という意味だったようです。

現役のヤクザはいるか?」ということです。

その筋にご縁があるようですが、「カタギなのでよくわからない」と答えておきました。

私たちは普通3~5日程度で地獄の保護室から出て、一般の閉鎖病棟に移れます。

しかし、たぶん彼は主治医や看護師に反抗的な態度をとりつづけのでしょう。毎日誰かに電話をしていました。

1か月くらい保護室エリアに閉じ込められていました。

最後は弁護士か精神保健センターか誰か国家権力を使って、退院にこぎつけたようです。うれしそうに退院していきました。

スポンサーリンク

入院仲間(3)病院内で化粧をするこぎれいな女性

精神病院の小ぎれいな患者
精神病院の小ぎれいな患者

さきほどの紅一点の女性患者。

小ぎれいなオネーサンは、院内なのに化粧をしていました

キ〇ガイばかりいる精神病院で、誰に見せるというのでしょう。

そのマユミさん(仮名)という女性は、男に薬漬けにされたのだといいます。また薬物依存だ。

違法薬物の被害者だ、と本人はいうが、どうだか怪しい感じもしないでもない。

最初のきっかけは男に打たれた、しかし結局、本人がハマってしまう話はよくききます。

入院仲間(4)アルコール依存症だがシャキッと元気な65歳

四股を踏むアルコール依存症患者
四股を踏むアルコール依存症患者

一番年上に見えるのがミヤモトさん(仮名)とう白髪頭、中肉中背、65歳のお爺さんでした。

病名はというと私と同じアルコール依存症です。

仲間が増えるのはうれしいものです。

ミヤモトさんは朝の日課で、相撲取りのように「四股(しこ)」を踏むのです。

足を肩幅より大きくあけ、ヒザを曲げます。

それぞれのヒザに、手をおきます。

そのまま右足をゆっくり大きく上げ、そのまま床に足をたたきつける。

今度は逆に左足をゆっくり大きく上げ、そのまま床に足をたたきつける。

まるで小さな横綱です。

マネしてやってみたのですが、これがまた難しい。

片足でバランスを摂りながら、反対の足をゆっくり上げる。

テレビの横綱のように四股を踏んでみてください。

できないですから。

朝一の四股を30年やっているといってました。

普通、アル中は体がボロボロになるものです。

しかし、日課の四股のせいでしょうか、ミヤモトさんはアル中の65歳にしてピンピンとしていました

私も真似て退院するまでずっとやり続けました。

スポンサーリンク

保護室の入院仲間(5)

あとは、ヤマダくん(仮名)という軽い統合失調症の青年と、認知症であろうと思われる70代のオジイサンです。

ただの認知症なら、瀬野川病院のようなバリバリの精神病院に入れなくても、それなりの老人介護施設があると思われるのですが、なぜか精神病院に入れられていた。

そこは不思議に思いましたが、面倒なので聞きませんでした。

保護室の仲間と過ごすようになる

閉鎖病棟の灰皿
閉鎖病棟の灰皿

以後このメンツで、昼間は菓子やジュースを持ち寄りながら、時にはタバコを吸いながら談笑して過ごすようになります。

保護室の場合、菓子などは毎週金曜日に補助看さんに頼めば、買ってきてくれるのでした。

お菓子、日用品のリストを渡されるので、メモに欲しいものを書き込んでいく。

それは入院当初からできることだったらしいのです。

まったく知らずに、鉄格子のなかで空腹に耐えながらアルコール離脱症状と闘っていました

飴玉でも食っておけば、もうちょっと気分が楽だったかもしれない。

彼らと話すことにより、心がまぎれて、落ち着いてきました・・・・・・

スポンサーリンク

あなたの役に立つかもしれない記事

タイトルとURLをコピーしました