アル中の保護室での生活はまるで囚人のよう アル中の閉鎖病棟体験談3-5

鉄格子の中の囚人

●この記事では、アル中の精神病院・保護室での生活を書いています

アル中で精神病院に入院すると、まるで囚人のように鉄格子の保護室へ入れられます。


●囚人のようなつらい生活

朝は6時半に看護師が保護室を回ってくる。ガチャンと鉄の扉が開き、起こされて検温が始まる

その後、食事とタバコを一服する。

すぐに保護室へ戻され、点滴が始まる。看護師は出ていく際にガチャガチャと鉄の扉の鍵を閉めていく

昼になると、昼食とタバコをはさんで、終わったらまた点滴。入院したては点滴の嵐だ。

酒が切れてアルコール離脱症状がはじまり、ただただ、苦しいばかり。

まるで囚人のようなつらい生活がつづくのだ・・・・・・。

●筆者筆者

 


メンヘラ男。アルコール依存症歴11年、25歳でうつ病、39歳でアルコール依存症とうつ病を再発、さらに双極性障害になりメンヘラに。断酒に失敗し広島の瀬野川病院、呉みどりヶ丘病院などの精神病院・閉鎖病棟に10回も入院。精神障害者手帳2級、障害年金2級。断酒・入院・うつの体験談、どうやって飲まないで生きていくかのノウハウを書いていきます。

※なお、筆者の体験談は事実のままですが、断酒会の事例は架空の人物ものとします

アル中の保護室での生活

夕方からは点滴は、ない。

夕方、保護室での食事が始まる

病院食
病院食

夕方6時すぎ。保護室の病棟での夕飯が始まる。

各保護室の鉄の扉の鍵がガチャン、ガチャンと順に開けられていく。そしてぞろぞろと出てきた患者がデイルームへ集まってくる。テーブルの上に名札がついたトレイが並べられており、自分のを見つける。

テレビが観たければ、トレイをテレビの前のテーブルへ移動させる。

知り合いになった患者と一緒に食事がしたければ、名札付きトレイの場所を入れ替えたりする。デイルームでの席は自由だ。

食事が済んだら、どれくらい食べられたか、看護師に報告する。ごはん8割もおかず10割であれば「8の10」という。

保護室から早く解放されるには

反抗して、わざと何も食べない患者がたまにいる。しかし、そのような人はずっと保護室を出られない。まっとうな生活ができると確認されて、やっと鉄格子から解放されるのだ。もっと楽な他の病棟に行けず、ずっと囚人のような保護室のままである。

逆にいうと「まともアピール」をどんどんやっていたほうが、鉄格子から解放されるのが早い

夕飯が終わればすぐに服薬

夕食後の服薬
夕食後の服薬

すぐに食後の服薬がある。そして服薬確認として口を開けて舌を上げて看護師に見せる。薬を飲まずにトイレに捨てる患者がいるからだ。

食事が済んだら、詰所でタバコを1本もらい、喫煙所へ向かう。(自分のタバコがキープしてあるので、「1本返してもらう」が正しいか。他の病棟に移れば自由に吸える)

夕食後のタバコ

タバコを吸う
タバコを吸う

一日4本の、本日最後のタバコだ。知り合いや友達と一服しながら雑談する。24時間のうち、唯一楽しい時間だ。

●参考:つらい保護室の生活
精神病院の保護室はつらい!気が狂う 精神病院・閉鎖病棟体験談

なぜかタバコを1箱隠し持ってる患者がいたりする。1人、看護師が喫煙所の見張りをしているが、見つからないように1本もらう。

さも、1本目のように堂々とタバコをふかす。

10分くらいしたら、見張りの看護師が「もう、そろそろ」といい出すので、雑談を終了して、デイルームに戻る。

デイルームの洗面所で歯磨きをして、時間ギリギリまでテレビを観るか、雑談をする。世間から完全隔離されているので、ニュースくらいしか情報を得れない

また、(当時)月3070円だして新聞を取っている真面目な患者もいる。読んだ後のお古をもらったりする。

夕飯が終わると保護室へ閉じ込められる

そして、また保護室にもどり、扉をガチャンと閉められ、鍵をかけられる。

ここからが長い。睡眠薬をもらうまで、3時間近くある

テレビもなければラジオもない。あるのはさっきもらった古新聞やデイルームのマンガだけ。

すぐ寝る患者もいるようだが、私はうつ病があるため睡眠薬がないと眠れない

デイルームから古ぼけたマンガ雑誌を取ってきてはいるが、アルコール離脱症状のせいで集中力がなく、没頭できない。せめて小説でも置いてくれればいいのだが、それはない。

麻雀放浪記のマンガ版が1冊あったので、それを繰り返し読んだ。

●つらいアルコール離脱症状
アルコール離脱症状期間は死ぬほど苦しい、つらい 精神病院体験談

やっと夜9時になった。睡眠薬をもった看護師が、各保護室を回ってくる。

睡眠薬
睡眠薬

睡眠薬を飲んだ後も口をあけて服薬確認がある。

眠れないから睡眠薬が欲しい」のに、なぜ服薬確認をさせられるのか、意味がわからない

保護室で見る悪夢は、現実だった

鉄格子
鉄格子 壁紙.comより引用 

いつのまにか、夢を見ていた・・・・・・

夢のなかで薄ぼんやりと、ドス黒く太い縦の線が浮かび上がった。同じような、黒色の横の線も浮かび上がった

ぼんやりと、が、だんだんはっきりとしてきた。

ハッ、と目を覚ますと、それは鉄格子のそれだった。

保護室で見る夢は、現実だった。ぼんやりと、鉄格子を見ていたようだ。

私は、牢屋の中にいた。夢も現実もそうだった。夢を見るのが怖い。現実も怖い。

そう思った。

そしてまた、保護室で悪夢のつづきを見た・・・・・・

●閉鎖病棟で見る悪夢
夢の中は幸福、保護室の生活は悪夢 精神病院体験談


お酒を止めたい・減らしたい人へ

●飲酒欲求がさがる炭酸水
【e-soda】

  • 胃が炭酸水で満腹に、飲酒欲求が下がります
  • 同じ理由でダイエットにも効果
  • 電源不要
  • 気の抜けたビールやコーラも復活!
  • 500mlボトル1本あたり18円の安価

e-soda

●お酒を減らせる炭酸水
【強炭酸水KUOS-クオス】

  • 胃が炭酸水で満腹に、飲酒欲求が下がります
  • 8つのフレーバー
  • 炭酸水なのにビール風味あり「うまい」
  • アルコール、糖質、カロリーゼロ
  • 24本入りで2040円

強炭酸水クオス

あなたに役立つ記事

タイトルとURLをコピーしました