Aboutページ

アルコール依存症

自己紹介 アルコール依存症で精神病院へ入院した男

アルコール依存症の闘病記

はじめまして、こんにちは。
アキと申します。
バツイチ再婚のアラフィフです。

ぼくは10年近く前にアルコール依存症と診断されました。
子供と公園で遊ぶのに日本酒を飲み。
パチスロを打つのに缶チューハイを飲み。
会社が終わればソッコーでコンビニに行きワンカップ焼酎を飲み。

そんなアルコール漬けの生活を送っていたところ、突然うつ病になり。
うつが辛いので朝から酒を飲み紛らわせていたところ。
酒が切れると手が震え、足が震え、脂汗が出る。
一体どうしたのかと病院にいくと、「あなたはアルコール依存症になってます」と。

酒が一生飲めない身体になってしまいました。

アルコール依存症で精神病院に入院

元来酒好きが酒を飲むなとは無理な話。
何回も再飲酒、スリップし、連続飲酒となり、精神病院に突っ込まれました。
鍵がかけられて出ることのできない閉鎖病棟。
ガチャンとドアが閉められ、鉄格子の中の保護室。

そしてうつ病が悪化して双極性障害に。
精神障害2級、障害者です。

読者の皆様には、そんな目にあってほしくないのです。

自分が体験したうつ病のつらさ、またその改善のしかた。
アルコール依存症者が、いかに酒を飲まずにすむか。
また、精神障害・閉鎖病棟の体験談をつづっています。

みなさんはこんな目にあわないように。
体験談をみて、同じ目に合わないように。
健康的な生活、人生を送ってください。

ご愛読、よろしくお願いいたします。