アルコール性認知症

アルコール依存症

タバコを吸いすぎ肺気腫の症状が悪化したアルコール依存症者 依存症⑥

Fさんは定年退職後にやることがないので酒を飲みアルコール依存症になった典型的なタイプ。無理矢理アルコールを止めさせられるも、タバコの吸いすぎで肺気腫・COPDに。閉鎖病棟で認知症に。一気に変わり果ててしまいました。
アルコール依存症

脳萎縮、末梢神経障害、大腿骨頭壊死はアルコール依存症の末期症状

アルコール依存症や大酒飲みの方によく起こる症状のうち、脳、神経、骨に関する病気をまとめてみました。多いのが脳萎縮で、脳の前頭葉のほうから脳細胞が死んで小さくなっていきます。次に末梢神経障害、大腿骨頭壊死と続きます。
2020.04.05
スポンサーリンク