タクシードライバー

アル中の閉鎖病棟体験談3

アルコール依存症のタクシー運転手!退院したら飲む! 閉鎖病棟体験談3-6

精神病院の保護室から中間開放になり、そして大部屋に移った。なんとそこには何回も入院している顔見知りの患者を見つけた。彼はアル中なのにタクシードライバー。退院して45分後にはもう飲む予定だそうだ。
アルコール依存症

アルコール依存症のタクシードライバーは稼げない 依存症(10)

タクシードライバーを職業としている50代男性がアルコール依存症になりました。職が職なので非常に危険。お母さんが心配して断酒会に来る始末。数ヵ月後、お母さんの望み通りアルコール依存症専門病院に入院。
2021.11.08
タイトルとURLをコピーしました