アルコール依存症の末期症状、脳萎縮は進行すると人間じゃなくなる

アルコール依存症の末期症状、脳萎縮

このような方は危険です!

  • 「アルコールをやめろ」「酒をやめろ」と家族に言われても隠れて飲んでいる

  • もはや仕事もせず、親や妻にパラサイト(寄生)して朝から晩まで飲み続ける

  • 親や妻が作った食事をろくに食べない

完全にアルコール依存症です。精神病院にそのような人がいましたし、断酒会に来ているお母さんの息子さんがそのような感じでした。

こうなると手の打ちようがなく、アルコール依存症本人の体には様々な症状が出てきます。今回は脳や神経に対してのアルコールの害についてです。

脳萎縮とは

脳萎縮のCT写真
出典:ヘルスUP病気・医療 より引用

長年アルコールを飲み続けると、前頭葉から脳細胞が死んでいき、脳が縮んで脳萎縮が起きます。右側のCTが脳委縮していますね。

以前から大量に飲酒する人には脳が小さくなる脳萎縮が高い割合でみられることは知られていました。

最近の調査によれば、飲酒量と脳萎縮の程度には正の相関が見られることが報告されています。すなわち飲酒量が増えるほど脳が萎縮するということです。

e-ヘルスネット  より引用

脳委縮はアルコールで脳細胞が死んでいく

脳委縮とは、脳が縮んで頭蓋骨の中がからからのスズのようになってしまう恐ろしい症状です。

前頭葉思考、記憶、判断、決定、感情コントロールするなど人間らしい働きをつかさどる部分ですが、この部分の細胞がじょじょに消えていき、人間らしさがなくなってくるのです。

脳委縮ののひどい症状を精神病院で見た

精神病院で見たアルコール依存症患者の症状は、60代くらいで、恰好は上は黒いスーツでズボンはジャージに運動靴、ずーっと独りで喋り続け(独り言)。

他の誰とも会話することはなく、呼ばれたらやっと食事を食べにくる、もう人間としての行動がとれないような方がいました。

スポンサーリンク

脳細胞は復活する

脳萎縮で死んだ脳細胞は復活する
脳細胞は復活する

昔は脳細胞が死ぬと二度と復活しない、といわれていましたが、近年の研究ではある程度は元にもどって復活するようです。

脳の細胞は死んでしまうと2度と元に戻らない。

-かつてはこのように信じられていましたが、今世紀になって、脳細胞は再生することが明らかとなりました。 

国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター  より引用

実は筆者が10年くらい前にCTを取った時に前頭葉にスキマができていて、医師に「40代でこんなになるのは珍しい」と言われました。

それほど大量の酒を毎日飲んでいたようです。

神話:人間は脳細胞の10%しか使っていない

このような神話がある(さまざまな意見がある)ため、「死んだ細胞の代わりの残りの細胞を使えばいいじゃないか」と思い、入院してからはひたすら小説を読んで脳を使いまくりました。

効果のほどは不明です。

断酒すれば脳細胞は再生する

脳細胞が再生するのは事実らしいので、ひたすら文章(ブログ)を書くことで脳を使いまくりました。

これも効果のほどは不明ですが、書いてると「ああ、ブログ書いてるとボケないな、認知症になりにくいんだろうな」と思うくらいは脳を使います。

アルコール性認知症

アルコール性認知症のおばあさんと介護士
アルコール性認知症のおばあさんと介護士

主に脳萎縮によって引き起こされる認知症ですが、脳梗塞といった脳血管障害の場合もあります。

断酒会の息子さんがそうでしたが、症状としては、うつ状態で寝てばかりだったり、物忘れ、見当識障害(ここはどこで何月何日かわからない)、作り話などがあります。

まだ50歳でです。50歳で高齢者のような症状がでるのです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました