アルコール性てんかん?急に発作が起きてけいれんする 体験談3-11

アルコール性てんかん

私はアルコール依存症で精神病院の閉鎖病棟にいくたびか入院しました。

この記事は、精神病院で起こったことや体験談を書いたものです。


(つづき)

意識はあるのに・・・・・・急に体が銅像のように固まって動かなくなった

私の身体は、タバコを吸うため座っていたベンチの右側へ倒れていった。

●筆者筆者

 


メンヘラ男。アルコール依存症歴11年、25歳でうつ病、39歳でアルコール依存症とうつ病を再発、さらに双極性障害になりメンヘラに。断酒に失敗し広島の瀬野川病院、呉みどりヶ丘病院などの精神病院・閉鎖病棟に10回も入院。精神障害者手帳2級、障害年金2級。断酒・入院・うつの体験談、どうやって飲まないで生きていくかのノウハウを書いていきます。

※なお、筆者の体験談は事実のままですが、断酒会の事例は架空の人物ものとします

アルコール性てんかんとは

一瞬、疑ったのは「アルコール性てんかん」だ。

アルコール離脱症状のひとつに、アルコール性てんかんがある。

急に気を失ってけいれんを起こすため、運転中など非常に危険なのである。

アルコール性てんかんの症状は以下のよう症状である。

アルコール性てんかんとはアルコールの離脱症状のひとつで、飲酒中断後48時間以内に出現するけいれん発作のこと。

飲酒を中断した際に出現するけいれん発作のことをいいます。

ほとんどがアルコールを断ってから48時間以内に発症し、アルコールの離脱症状(俗に言う禁断症状)のひとつと考えられています。

アルコールてんかんで起こるけいれん発作の特徴は、意識消失とともに全身筋肉の強直性、次いで間代性けいれんをきたし1~2分で終了します

厚生労働省 e-ヘルスネット アルコールてんかんより引用

アルコール性てんかんは通常のてんかん発作と似た症状で、普通はアルコール離脱症状の比較的初期、48時間以内に起こる。

私は現在、アルコールが抜けて10日近くは経っている。どうもアルコール性てんかんと決めつけるのは疑わしい。

スポンサーリンク

発作の症状

発作の症状
発作の症状

発作の初期症状

脳の中では言葉がぐるぐると回っているのに、クチが動かない

言葉が口からでない。

声帯が鳴らない。

言葉が発せられない。

なんなんだ、この現象は。

けいれんか、発作か?

つづけて、身体のチカラがすべて抜けていくのを感じた。

座っているベンチの、右側に倒れていくのがわかった。

すうっと身体が右側に倒れていく。

倒れる先は、枠に木版をはめたベンチの金属部分だ。

まずい、このままでは頭を打つ・・・・・・

頭がベンチにぶつかる寸前に、肩を間に入れた。

肩がベンチに当たり、ガツンと音がした。

頭は打たなかった。

どうなっているんだ、私の体は。

予想だにしない、突然の発作だった。

けいれん発作が始まる

喫煙所の皆は話しをやめ、「おい、金田一さんどうした」「おいおい、大丈夫か」と声をかけてくるのが聞こえた。

そして周りがざわつきはじめた。

私はベンチに倒れて、そのまま仰向けになった。

そして太もも、腹、指先の筋肉がビグビグとけいれんし始めたのだ。

だらんと伸ばした腕の筋肉がピグッ、ピグッと引きつるたびに手のひらが上がる

太ももがビグリビグリと引っ張られ、脚が飛び上がる。

腹部に電流を通したように硬直を繰り返し、その度に胸が持ち上がる

まるで全身にEMS(微弱な電気を筋肉に流して刺激を与え、筋肉を鍛えるというフィットネス器具)をつけているような感じだ。

目はちゃんと動かせる。

周りのざわつきも聞こえるので、耳もおかしくない。

ただ、身体がけいれんし思ったように動かせないのだ。

アルコールてんかんではない、謎の発作が始まった。

スポンサーリンク

“てんかん発作” はまずい

アルコール性てんかんのけいれん発作
アルコール性てんかんのけいれん発作

誰かが「看護師を呼べっ」と叫んだ。

意識ははっきりしていた。

瞬間的に頭に浮かんだのは

『てんかん発作』 と思われてはまずい。運転免許がなくなる。再就職できなくなる」というものだった。

とにかく「てんかん発作で失神」はまずい。

身体中はビグビグとけいれんしていたが、脳内はフル回転していた。

この状況をすべて記憶しなければ、意識を失っていないことを証明しなければ・・・・・・

スポンサーリンク

突然の発作に対する看護師の対応

瞳孔のチェック
瞳孔のチェック

すぐに男性看護師が2人、喫煙所に駆けつけてきた。

私は仰向けになって全身の筋肉の引きつりを感じながら、天井の一点を見つめていた。

看護師のひとりがペンライトのスイッチを入れ、その光でぼくの目を照らし左右に振った。

「金田一さん大丈夫ですか、判りますか!」

声はでなかったが、意識はあるためペンライトの光を目で追うことはできた

右に左に動く看護師の手、その先の光を無心に追った。

「担架を!」

もうひとりの看護師に命令するかのように言った。

6人の男性看護師が喫煙所にドタドタと乱入してきた。

そのうちひとりが、紺色のビニール製のような、布のようなものを持っていた。

なんだか大ごとになってきた。

これが双極性障害による発作だとは、もう少し後で知ることになる・・・・・・

看護師に担架で運ばれる

担架
担架

男性看護師のうちひとりが、紺色のビニール製のような、布のようなものを持っていた。

それを横目で見ていた。

広げると、たたみ1畳ほどの大きさだった。

どうやったのかは、そこのところは記憶にない。

いつのまにか地面に紺色ビニールが引き、私はその上に乗せられていた。

右側の、私の頭が位置する所に取っ手がついており、足先の部分、その中間の腰の位置する部分と、いくつものの取っ手がついていた。

左側も同じ。

6人の看護師が、それぞれの取っ手をもち、紺色ビニールごとぼくを持ち上げた。どうやら「即席担架」らしい。

看護師に担架で運ばれていった。

そのまま6人と担架の上の私は、喫煙所を出て、その前の詰所の中を通り、かけあしで診察室へ入ったようだ。

6人の先頭、担架の私の頭の部分を持っていた看護師が、詰所の看護師にぶつかり

「あ、すいません」

と言ったのを記憶している。

とにかく覚える。

気を失ったと診断されたらまずい。

スポンサーリンク

診察室にて

血圧測定
血圧測定

てんかん発作の診察

そのまま担架ごと、診察室のベッド上に仰向けに寝かされた。

腕にビニールが巻かれ、血圧を測られた。

同時に、体温も測られた。

すぐに当直の、白髪の年配の医師がかけつてきた。

左手を引っ張られた。

金田一さん、チクッとしますよ

そういうと、左腕のどこかに注射を打たれるのを感じた。

筋弛緩剤

筋弛緩剤の注射
筋弛緩剤の注射

その時はもうけいれんが収まっており

何の注射ですか?

筋弛緩剤ですよ

と会話もできた。

筋弛緩剤を打たれてしばらくはけいれんもなく、なにげな会話もできたことから「特に問題はない」と判断されたのだろう。

金田一さん、デイルームで少し休んでて下さい

と言われ、そのまま自力で歩いてデイルームの窓際のソファーに座った。

ただただ、いまだに自分に何が起こっているのかその考えたが、理解できなかった。

あのけいれんのような、発作のような症状はなんだったのだろう

状況を記憶に焼き付けるのが精一杯だった。

スポンサーリンク

再び発作が起こる

再びけいれん発作で倒れる
再びけいれん発作で倒れる

2~3分休んで、自室に帰ろうと立ち上がった。

しかしあとで思えば「もっと十分に休んでおけばよかった」と後悔することになる。

立ち上がって自室に向けて3歩進む。

足が硬直し、身体が前のめりになった。見ていたデイルームの景色が、その下の床へと変わっていった・・・・・・

ガツン、と音がしたような気がした。

目の前が真っ白になり、チカチカした。

また発作で倒れた。

それからが地獄の始まりだった。


まとめ アルコール性てんかん?!急に発作が起きてけいれんする

後々考えると、「アルコール性てんかん」ではなく「双極性障害(躁うつ病)」による発作だった。

私には「うつ病」と「アルコール依存症」があり、その治療で入院していた。

しかし「うつ病」は治るどころかさらにひどくなり、「双極性障害」になってしまったのだ。

うつ病はSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)などで気分を上げてやれば自然と治る。

うつ病が治った体験酸
うつ病は治療で治る!抗うつ剤が不要になりうつ病が完治

うつ病はわりとクスリで治療しやすいものだが、双極性障害は上げると「躁状態」になってしまうため、治療が難しいのである。

スポンサーリンク

あなたに役立つ記事

タイトルとURLをコピーしました