「悲惨」酒気帯び運転・飲酒運転の厳罰化、交通違反の罰則

酒気帯び運転・飲酒運転

●酒気帯び運転・飲酒運転
酒気帯び運転・飲酒運転は、昭和の時代はみな当たり前のよう行っていました。ところが、2006年8月26日に発生した福岡海の中道大橋飲酒運転事故で悲劇が起こりました。飲酒運転をしていた当時福岡市職員22歳の男に追突され、1家5人が乗った車が橋から海へ転落します。車に乗っていたわが子を救おうと、母親が何回も潜ったものの、結局1歳、3歳、4歳の息子・娘たちは救えなかったのです。

飲酒運転の車は、制限速度50キロのところを100キロで走行していました。この事件の後、酒気帯び運転・飲酒運転は厳罰化され、罰則が厳しくなっただけではなく、「アルコールを勧めた人」「同乗者」にも同様の罰が課されるようになりました。

そのため、以前は酒気帯び運転をしていたドライバーや同乗者もただちにそのような行為はやめ、車で飲みにいかない、あるいはタクシーや代行運転で帰宅するのが常識となりました。

罰則について細かいことは記事に書いています。


●酒気帯び運転・飲酒運転【記事】

酒気帯び運転が危険な理由、罰則、懲戒免職になった実例

飲酒運転はアルコール依存症の症状 公務員で捕まった人
飲酒運転・酒気帯び運転はアルコール依存症の症状|逮捕された公務員

●酒気帯び運転なのに踏切で一時停止せず、パトカーに追われる

酒気帯び運転で道交法違反!パトカーに追われ逃げ切れずに捕まった
酒気帯び運転で道交法違反!パトカーに追われ逃げ切れずに捕まったが?

●人の良い居酒屋の大将は飲酒運転が唯一の欠点だったある日・・・・・・

酒気帯び運転でバイクで事故死した飲み屋の大将
酒気帯び運転でバイクで事故死した飲み屋の大将と悲惨な家族

●昭和時代、飲酒運転はみな普通にやっていた。ある晩・・・・・・

飲酒運転の事故 体験談・その頃の酒気帯び運転
飲酒運転の事故 体験談・その頃の酒気帯び運転は罪の意識がなかった

●所長は酒気帯びの常習犯。しかし3日連続捕まり、交通刑務所に

酒気帯び運転の常習犯、3日連続逮捕され交通刑務所に、依存症
酒気帯び運転の常習犯、3日連続逮捕され交通刑務所に 依存症(16)

●公務員である消防士がアルコール依存症になった。そして離婚し、酒を買いに車で

消防士が不祥事、酒気帯び運転で人生転落から孤独死へ 依存症
消防士が不祥事、酒気帯び運転で人生転落から孤独死へ 依存症(5)

タイトルとURLをコピーしました