失職

アルコール依存症

タバコを吸いすぎ肺気腫の症状が悪化したアルコール依存症者 依存症⑥

Fさんは定年退職後にやることがないので酒を飲みアルコール依存症になった典型的なタイプ。無理矢理アルコールを止めさせられるも、タバコの吸いすぎで肺気腫・COPDに。閉鎖病棟で認知症に。一気に変わり果ててしまいました。
アルコール依存症

アルコール依存症の末路 失職した体験談

アルコール依存症は「失う病気」と言われています。飲み続けるにつれて健康、仕事、運転免許、家族、信頼、命、さまざまなものを失っていきます。アルコール依存症の末路は独り孤独死です。そうならないために、断酒、禁酒をして信頼を取り戻しましょう。
2020.04.05
スポンサーリンク