うつ病と酒でとうとうアルコール依存症と診断される 体験談完 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
うつ病と酒でアルコール依存症と診断 アルコール依存症
ポチしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ

うつ病はつらいので、酒が飲める人はどうしても酒に逃げるようになります。

医者にアルコールを止められていても、逃げるように酒を飲みます。

酒が切れるとうつ症状でさらにつらくなるため、さらに酒を追加します。

朝起きたら不安感、恐怖感に襲われるため、朝から酒を追加します。

これでうつ病患者からアルコール依存症患者の出来上がりです。

うつ病がふたたび悪化する

うつ病と酒
うつ病と酒 フリー素材ぱくたそより引用

前回のうつ病での入院は、2カ月でうつ症状が軽くなり、退院しました。

退院してすぐに復職しましたが、会社のほうがまだうつ病患者に対する対応ができておらず、また大量の仕事を与えられるようになりました。

仕事が増えるとまたストレスがたまり、また大量の酒を飲むようになります。

そしてうつ症状が再び悪化し、また仕事を休むようになりました。

ベッドから出られず、酒を飲み続ける

ベッドから出られず、酒を飲み続ける
ベッドから出られず、酒を飲み続ける フリー素材ぱくたそより引用

会社を休んでも、うつ病のせいかしんどくてベッドから起き上がることができないのです。

酒を飲んだら辛さが麻痺するため、常にアルコールを入れるようになっていきました。

目が覚めたら焼酎を喉に流し込み、酔いが覚めたらまた焼酎を入れる

ベッドの下には必ず焼酎一升の紙パックを常備していました。

「ご飯よ」と呼ばれても、食べるのがしんどく食欲もないため、先に焼酎を飲んで感覚を麻痺させて、メシを食う。

風呂は入らない。

しんどくて入れない。

何日も間をあけて、もうそろそろ風呂に入らないとヤバイだろう、そうなってようやく入るのです。

これも焼酎を飲んでから・・・・・・

スポンサーリンク

アルコール離脱症状

アルコール離脱症状
アルコール離脱症状 フリー素材ぱくたそより引用

睡眠薬は焼酎で胃に流し込みます。

途中で目が覚めてもよいように、枕元に焼酎入りのコップを常に置いていました。

そんな生活が1ヵ月以上続きます。

ある日、嫁さんに呼ばれました。

仕方なしに台所へいきます。

台所へ行くと、手がブルブルと震え、足もガクガクと震え、身体中がガタガタと震え、まともに立っていられません。

流しのふちに手をかけて、ようやく立てるようなありさまです。

額からは、暑くもないのに汗がたれて、鼻から口、アゴを伝わってポタポタと落ちてきます。

その時はわからなかったのだが、アルコール離脱症状が目一杯出ていたのです。

嫁さんは

どしたん、それ。なんかおかしいよ、ちょっと。

すぐ病院にいこう!

車に乗り、嫁さんの運転で行きつけのクリニックへ向かいました。

アルコール依存症との診断

アルコール依存症との診断
アルコール依存症との診断 フリー素材ぱくたそより引用

先生はこれまでの生活状況と症状を聞き、診断を下した。

あなたはアルコール依存症になってます。

このまま酒を飲み続けると、会社はクビになり、離婚し、最後は孤独死です

酒をやめれば、元の生活ができます。

さあ、どうしますか?

家族をとりますか、とれとも酒をとりますか?

な、なにを言っているのか!

思わず

酒!

と言いそうになりましたが、嫁が隣に座っていたので

家族・・・・・・

と言います。

「じゃあ、こないだの病院に連絡しておきますね」

先日退院したばかりの病院に、再入院となります。

嫁の運転で病院へ行き、すぐに入院手続きを行いました・・・・・・

これは筆者が39才、約10年前の話です。

これから、地獄のようなアルコール依存症患者としての生活がはじまります

酒が生きがいだったのに飲んではいけない。

断酒しては失敗してスリップ(再飲酒)、連続飲酒(朝から寝るまで飲みつづけること)、また断酒してはスリップ、連続飲酒の繰り返しで、精神病院の閉鎖病棟に幾度も入院するようになります。

何回も家族に迷惑をかけました。

離婚寸前までいきました。

アルコール依存症は本当にやっかいな病気です。

こうならないよう、しっかり休肝日をもうけて、酒に頼らない日々をお過ごしください。

スポンサーリンク

【あわせて読みたい】

うつ病と酒でアルコール依存症と診断される まとめ

うつ病はしっかりと治療すれば、何年かはかかりますが、治癒します

しかしアルコール依存症は、現代の医学では治癒できません

断酒をつづけて、酒を飲まない生活を続けるしかありません。

※近年、減酒療法という、一日1合だけなどと決めて、酒量をおさえる治療法が始まりました。

セリンクロという減酒治療薬、レグテクトという飲酒欲求を抑える薬と併用します。

しかしこれはアルコール依存症初期の方だけに適用できる医療で、アルコール依存症にどっぷりとつかった方は、もう断酒しかありません。

これほど好きなアルコールを止めるのは、本当にしんどいものです。

日ごろ、ちょっと飲みすぎではと思われる方は、早めに診察してもらい、アルコール依存症になるのを防ぐ生活をしたほうが良いです。

飲酒欲求を抑える薬
レグテクト錠
↓↓

【参照記事】