認知症が進む原因は生活習慣?アルコール?依存症の人①

認知症が進む原因は生活習慣、アルコール アルコール依存症
ポチしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ

アルコール依存症で75才で認知症になり、施設に入った方の話です。

ずっとテレビを観る以外はなにもしない生活習慣をされて、最後に認知症になりました。

認知症とは

認知症が進む原因
認知症が進む原因 フリー素材ぱくたそより引用

認知症とは「もの忘れ」と違い病気により脳細胞が死んで起こる症状です。

老化によるもの忘れは誰にでも起こる症状で、人の名前が出てこなかったりします。自分で「忘れている」と分かっています。

しかし認知症になると、自分が「忘れている」ことすらわかりません。日常生活、社会生活が困難になります。

認知症にはアルツハイマー型、レビー小体型、脳血管性などの種類があります。

認知症と加齢による物忘れの違いは?

認知症が進む原因は生活習慣
認知症が進む原因は生活習慣 フリー素材ぱくたそより引用

認知症加齢によるもの忘れはこのように違います。

加齢によるもの忘れ 認知症
体験の一部を忘れる 体験全部を忘れる
新しい出来事を記憶できない
ヒントがあれば思い出す ヒントがあっても思い出せない
時間・場所は正しい 時間・場所がわからない
日常生活に支障はない 日常生活に支障がある
スポンサーリンク

アルコール依存症で75才で認知症

認知症が進むおじいさん
認知症が進むおじいさん フリー素材ぱくたそより引用

仮にAさんとします。 当時75歳くらいでした。

若い時はずいぶんと飲み、やらかした方です。

最初は奥さんのほうが断酒会(全国区の断酒会組織)に行き、じょじょに本人であるHさんも出席するようになったそうです。

酒はすんなり止められた

禁酒は簡単にできた
禁酒は簡単にできた フリーフォト写真ACより引用

Aさんはもちろん大酒のみだったのに、酒はわりとすんなりと止めたのです。

しかし、夫婦で毎晩まいばん断酒会に通うものだから、まったく育児ができない

断酒会が終わって家に帰る夜の9時まで、小さい子どもが一人きり。

ちょっとそれはどうなのかと思ったらしい。

なので、断酒会を新しくつくり、会合は週に1回と少なめにしました。

これは他のアルコール依存症者にも負担が少なく、とても楽でした。

酒が飲めないのでストレス

アルコール依存症にストレスの花見
アルコール依存症にストレス花見 フリー素材ぱくたそより引用

Hさんは酒を飲めなくなって、とてもピリピリし始めました。

あるとき、ソメイヨシノの下で花見をしている集団を見かけます。

自分は飲めないので無性に腹が立ったらしいのです。

地面の砂をつかんで、花見集団の弁当めがけて投げつけました

弁当が砂まみれ

これじゃ食べられない。

走って逃げたそうです。

スポンサーリンク

花見を見ると腹が立つ

アルコール依存症は腹が立つ花見
アルコール依存症は腹が立つ花見 フリー素材ぱくたそより引用

また、酒や弁当を食べながら花見しているサラリーマン。

これも無性に腹が立ったらしいのです。

スーツで座ると、首の後ろ側にスキマができますが、そこに吸いかけのタバコを投げ込んだ

そしてまた走って逃げましたた。

そのサラリーマンには青天のへきれきです。

800度が背中の中に。それはもう熱かったにちがいない。

まだ酒を飲んでいた時代

選挙事務所でタダ酒を飲む
選挙事務所でタダ酒を飲む フリーフォト写真ACより引用

Aさんは、選挙のシーズンになると、選挙事務所に出かけて行きます。

事務所は、どこの党であるかは関係なし

ただ、選挙事務所にいくと酒が置いてあるので、それを頂いて飲んでいたとのこと。

あんたら、頑張りんさいよ。わしも頑張るけえ

とか言いながら、飲むのを頑張っていたそうです。

断酒、そして禁煙がストレス

断酒、禁煙はストレス
断酒、禁煙はストレス フリー素材ぱくたそより引用

酒をやめて10年ほどたった頃、タバコを止めるように奥さんにいわれます。

その時はハイライト17ミリを吸っていました。

奥さんはじょじょにミリ数を落としていく作戦に。

ハイライト17ミリ → マルボロ12ミリ → メビウス8ミリ → メビウス6ミリ → ・・・・・・
といった具合です。

最初は奥さんに「タバコが違う!」 と怒鳴っていたそうです。

いつもイライラしていたと。

Aさんは禁煙補助薬チャンピックスを飲んで禁煙に挑戦しました。

タールのミリ数を落としたら、「きついのはもう要らない」と、濃いタバコをくれます

しかし筆者は1ミリしか吸わないので、濃いのはちょっと持て余しました。

結局、3ミリ → 1ミリと落としていって、最後にはやめたのです。

禁煙薬チャンピックスが効いたのでしょう。

ただ、酒よりタバコを止めるほうが苦労したらしいのです。

筆者も酒は止めてますがタバコが止められません。

スポンサーリンク

認知症が進む原因、生活習慣

認知症が進む原因、生活習慣
認知症が進む原因、生活習慣 フリーフォト写真ACより引用

まだ元気な奥さんが断酒会の会長代わりを務めていました。

70代のおばあちゃんがパソコンで資料を作るため、パソコンが調子悪くなったり、動かなくなります。

筆者が呼ばれ、半分修理に、半分雑談をしによく通ってました。

いくたびに奥さんと話が盛り上がるのですが、Aさんは1人用ソファーに半分寝転がって、いつもテレビを観ています。

ニュースなどではなく、いつも時代劇です。

何回訪ねても、時代劇

いつ見ても時代劇

よっぽど好きなのでしょうが、70代後半のおじいちゃんが朝から晩まで時代劇を見続けている。

ボケないか心配でした。

何年か経つと、案の定、認知症がはじまったらしいのです。

奥さんと話しても、ちんぷんかんぷんになったと。

会話のキャッチボールができなくなったと。

手に負えなくなったので、介護施設にいれたそうです。

認知症が進み、介護施設へ

認知症が進み、介護施設へ
認知症が進み、介護施設へ フリー素材ぱくたそより引用

最初は「いつになったら帰れるんかのお?」 と不思議がっていたらしいのですが、最近は施設にいるのがあたりまえになったそうです。

リハビリのおかげで、認知症も改善し、話もできるようになってきようです。

認知症が進んだのは、たぶん一日中テレビ(時代劇)ばかり何年も見続けたからではないかと考えられます。

スポンサーリンク

【あわせて読みたい】

認知症が進む原因は生活習慣 まとめ

酒をやめてタバコもやめたのに、最後は認知症で施設にいれられた。

なんだかなあ、と思う人生であります。

筆者もアラフィフで断酒中でありますが、認知にならないよう、テレビはニュースのみにして、ブログ書いたり本を読んだり、どんどん脳を酷使していこうと思いましたた。

認知症予防のサプリメントがあったのでご紹介します。

高齢者専用サプリメント【フェルラブレインPLUS認知症の予防と対策に!

・フェルラブレインは認知症の予防改善に役立つ、ひらめきサポート成分配合。
・認知予防に効果的な「フェルラ酸」を配合
・脳の栄養素として「世界一受けたい授業」で紹介された「ホスファチジルセリン」配合
・脳の血流をサポートする「ビンカマイナー」配合

効果が無ければ、30日間全額返金保証で安心!
しばりなしでお試し1回OKです
こちらからどうぞ
  ↓↓

禁煙補助薬チャンピックス
社員の多くが禁煙に成功
   ↓↓

【参照記事】