妻の浮気で離婚、うつ病でやけくそな毎日 体験談⑩

スポンサーリンク
スポンサーリンク
妻の浮気で離婚、うつ病でやけくそな毎日 アルコール依存症になる前
ポチしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ

最初の結婚。

仕事の激務残業250時間でうつ病になりました。

そして結婚は、妻の浮気で離婚で終わりました。

うつ病で闘病中に離婚したため、うつの病状はどんどん悪化していったのです。

【前記事】

妻の浮気で離婚、うつ病でやけくそな毎日

妻の浮気で離婚、うつ病でやけくそな毎日
妻の浮気で離婚、うつ病でやけくそな毎日 フリー素材ぱくたそより引用

うつ病はどんどん悪化し、つらさを紛らわすために頼るしかありませんでした。

仕事が終わると、まっさきになじみのバーへ行き、強いカクテルを頼んで一気飲みし、酩酊させます。

コップに半分ほどウォッカを入れ、あとは何かのジュースを混ぜたような、もはやカクテルではなく「きついエタノール飲料」でした。

妻の浮気で離婚したのと、うつ病のつらさのせいでやけくそな日々を送り始めます。

妻の浮気で離婚し、一人ぼっちに

家に帰ってもひとり。

どこへ行ってもひとり。

2人に慣れていたたためとても寂しいので、毎日バーでたむろしていました。

夜中まできついアルコール飲料を飲み続け、どろどろになって帰宅していました。

食欲はまったくなかったので、食べなかったと思います。

うつが良くなるハズはありませんでした。

スポンサーリンク

前妻とルーマニア人を見張るも・・・・・・

離婚した浮気相手
離婚した浮気相手 フリーフォト写真ACより引用

前妻と、浮気相手のルーマニア人が店にこないか。

来たら襲いかかろうかと待ち構えていましたが、1回も店にきませんでした。

筆者が毎日来ているのを知っているかのようです。

うつ病で離婚したらどうなるのか

うつ病で離婚
うつ病で離婚 フリー素材ぱくたそより引用

毎日がつらい。

妻の浮気で離婚して、心にぽっかりと大きな穴があいたようでした。

うつ病でそもそもやる気がおきないのに、離婚のダメージでなにもやる気が起きない

ただ、酒だけが、すべてを忘れられるクスリでした。

うつ病の症状の悪化

妻の浮気による離婚でうつ病が悪化
妻の浮気による離婚でうつ病が悪化

薬が増えて、抗うつ剤、安定剤をそれぞれ1日1シート分(12錠)くらい飲んでいました。

睡眠薬も、ハルシオン、サイレース、ベゲタミンなどもろもろ10錠くらい飲んで、失神するかのように眠りにつきました。

薬はすべて、ジンやウォッカで胃に流し込みます。

うつ病に睡眠薬に酒は禁物ですが、そのころは知らなかったのです。

夜中に家に帰って、コタツでさらに酒を飲み、酒で睡眠薬を流し込んでコタツで失神するように眠りこけました。。

もはや生きている意味を見いだせないような状態でした。

スポンサーリンク

うつ病の思考

うつ病で浮気で離婚、もう生きたくない
うつ病で浮気で離婚、もう生きたくない フリー素材ぱくたそより引用

生きているのがいやだ、とよく考えるようになります。

生きてても、喜ぶ人はいない。

死んでも、悲しむ人はいない。

マイナス思考がマイナス思考を呼び、生きる気力をまったくなくしてしまったのです。

ただ惰性のように、会社にいく。

ただ惰性のように、まったくはかどらない仕事をする。

定時になったら、惰性のようにバーに行く。

いつもの強い酒をたのみ、一気にのんで酔っぱらう。

うつ病で毎日が酩酊の日々

短時間で何杯も飲み、酩酊させる。

酩酊してやっと、安堵する。

酔っぱらったら、常連の客と少し話をする。

少しばかりくだらない話をする。

何週間、何か月間もそんな生活を繰り返していました。

ただ、月日がたつにつれ、だんだんと離婚のダメージが薄れてきます。

人生逆転

1年ばかり経った頃、髪の長い女の子に声をかけました・・・・・・

【あわせて読みたい】

主治医によると、眠れずに体調を壊すより
睡眠薬でスッキリ寝たほうがよいとのこと。
イエカラ薬局では
睡眠薬
取り揃えております

(眠れない苦しい夜に)
↓↓

うつ病の方むけの抗うつ剤「サインバルタ」は睡眠薬としても用いられます。

セロトニンとノルアドレナリンの働きを高める作用があるお薬で、
セロトニン:不安や落ち込み
ノルアドレナリン:意欲や気力の低下
といった精神症状の改善に効果が期待できます

元住吉こころみクリニック【精神科医が解説】サインバルタの効果と副作用  より引用

サインバルタ(抗うつ剤)
こちらから
↓↓

スポンサーリンク

まとめ

そもそも離婚はダメージが大きいのに、妻の浮気で離婚うつ病でもうやけくそな毎日を送るしかありませんでした。

心がボロボロです

もともと酒飲みでしたので、毎日あおるように飲んでうさ晴らしをしていました。

今は笑い話にできるのですが、20代なかごろの自分にはとても耐えられなかったのです。

しかし、まだアルコール依存症にはなっていませんでした。

【参考記事】


スポンサーリンク