アルコール依存症の始まり・酒がやめられない生活 うつ体験談13

酒がやめられない生活・アルコール依存症の始まり

私のアルコール依存症の原因は、元はうつ病なのです。

うつが辛くて酒浸りになりました。

うつ病でもがき苦しんだ体験談を書いていきます。


酒は依存性がある薬物です。

短時間、例えば軽い晩酌くらいでは依存しませんが、長時間飲み続ける、つまり休みの日の朝から飲む、などを頻繁に繰り返していると、脳がアルコールに依存してきます。

●筆者筆者

 


メンヘラ男。アルコール依存症歴11年、25歳でうつ病、39歳でアルコール依存症とうつ病を再発、さらに双極性障害になりメンヘラに。断酒に失敗し広島の瀬野川病院、呉みどりヶ丘病院などの精神病院・閉鎖病棟に10回も入院。精神障害者手帳2級、障害年金2級。断酒・入院・うつの体験談、どうやって飲まないで生きていくかのノウハウを書いていきます。

※なお、筆者の体験談は事実のままですが、断酒会の事例は架空の人物ものとします

酒がやめられない、アルコール依存症寸前の生活

酒がやめられない生活
酒がやめられない生活

仕事が終わったらすぐに酒を飲み、休日も朝から晩まで酒を飲み続けるるような生活をしていると、「血液中にアルコールがあるのが普通の状態」だと脳が判断します。

そしてアルコールが切れてくると脳が「異常な状態」だと勘違いします。

そのため、酒が切れるとアルコール離脱症状のイライラ手の震えなどが起きるようになってきます。

筆者はそんな状態で、それでも飲み続けたためアルコール依存症になってしまいました。

スポンサーリンク

乳飲み子がいるのに、酒がやめられない

酒がやめられない
酒がやめられない

(つづき)

子どもが産まれたのに、まだ父親としての自覚がなく週末になると夜中まで街中で飲み歩きました

遅くなると、家から1分おきに電話がかかってくるのです。

ケータイを開くと、着信履歴はすべて妻から。

こっちは酔って楽しいばかりなので、無視していました。

妻は、赤ちゃんを見るのに手一杯だったのでしょう。

妻は赤ちゃんを見るのに手いっぱい
妻は赤ちゃんを見るのに手いっぱい

夫の助けが欲しかったのだと思います。

すごく悪いことをしたと思います。

酒がやめられない生活がつづく

酒を飲む量は日増しに増えていきました。

土日、休みであれば朝から必ず飲み始めます。

妻は

車で買い物につれていって

と、なるべく飲めないように仕掛けてきました。

買い出しが終わって家に帰ると、一目散に焼酎を喉に流し込みました。

この時点で、すでにアルコール依存症になりかけていたのだと思います。

ゲームセンターでも飲む

ゲームセンターでも飲む
ゲームセンターでも飲む

休日は、よく同僚とゲームセンターに行っていました。

コンビニで酒を買い、ゲームをしながら飲む

コンビニで「ビフィーター・ジン」などの濃いめのカクテル缶を買ってゲームをしながら飲むのです。

何本も飲んで、ゲーム機の脇に積んでいきました。

ある日、看板が立てかけられます。

お酒を飲みながらのゲームはご遠慮ください

スポンサーリンク

パチンコしながらでも飲む

パチンコしながらでも飲む
パチンコしながらでも飲む

平日は退社すると、すぐにスロットを打ちにいきました。

また同僚とです。

当時のスロは4号機といわれ、勉強すれば勝てていました

規定のゲーム数でボーナスが出たり、小役の出現確率で設定(出るか出ないか)を調べ、出る台だけを打ちます。

月に10万~20万円もの副収入でした。

パチンコが出ても飽きてしまい、酒を飲みながら打つ

しかし、飽きっぽい性格のせいか、2時間くらい打つと飽きてしまうのです。

しょうがないので飲みながら打ちます

最初は知らずに、空き缶を台の横に積んでいました。

ところが、店長が慌てて駆けつけてきて

違反だから、悪いけど店の外で飲んでくれない?

と言われます。

パチンコ店内でお酒を飲むのは風営法違反らしく、まったくしらずにずっと飲みながら打っていたです。

同僚が様子を見に近くに来ると

「酒臭いのぉ、オマエは」

と、よく言われました。

隣で打ってる人は、そうとう酒臭かったのだろうと思われます。

スポンサーリンク

酒をやめられない休日

キッチンドリンカー
キッチンドリンカー

休日、出ない日は料理をつくります。

男の料理なので、カレーを作るのに玉ねぎを2時間くらいいためたり。

シチューをつくるのにベターと小麦粉でベシャメルソースから作ったり。

おでんを朝からコトコト煮込んだり。

しかし、すべて飲みながらでした。

夕方、泥酔してくると、うまみはわかるのですが、塩加減がわからなくなります。

嫁さんに味見してもらい、塩加減を調整していました。

次女の誕生

しばらくすると、次女が産まれた。

次女が産まれる
次女が産まれる

二人も子どもがいるのに、まだ酒を飲み続けます・・・・・・

スポンサーリンク

まとめ アルコール依存症の始まり・酒がやめられない生活 体験談22

もう完全にアルコール依存症への道を歩き始めました。

仕事以外の時間は酒がやめられない生活になってしまったのです。

ゲーム、パチンコ、料理、すべての趣味が酒を飲みながらです。

ここでストップしておけばアルコール依存症寸前で止めることができたはず。

しかし、「アルコール依存症」の知識がまったくないまま、さらに飲み続けたのでした。

あなたに役立つ記事

タイトルとURLをコピーしました