冬になると落ち込むのはなぜ?ウィンターブルー・冬季うつ病の症状と対策

ウィンターブルー・冬季うつ病の症状と対策

このような症状はありませんか?

  • 冬になると、元気がなくなる

  • 冬になると、気分が落ち込む

  • 冬になると、やる気が出なくなる

  • 冬になると、炭水化物や甘いものが欲しくなる

  • 冬になると、いくらでも寝てしまう

もしかしてウィンターブルーになっているのかもしれません。

ウィンターブルー・冬季うつ病の原因と症状

ウィンターブルー・冬季うつ病かもしれない女性
ウィンターブルー・冬季うつ病かもしれない女性

今日はうつの話です。

朝の情報番組「スッキリ」で、ウィンターブルーについて扱われていました。

ネットで調べたところ、ウィンターブルー冬季うつは同じもののように書かれていることが多いですが、スッキリでは別物として扱われていました。

ただ、ウィンターブルーや冬季うつの症状や原因となるものは同じで、日照時間が少なくなるためのセロトニン不足ではないかと言われています。

ウインターブルーの原因として考えられるのが、日照時間の短さです。

日光に当たると精神を安定させる働きを持つ「セロトニン」が分泌されますが、冬は日照時間が短くなるため、セロトニンの分泌量が減ってしまいます。

そのため、心理面での不調が出やすくなるということです。

So-netサイト   より引用

日照時間が少なること、寒くて出歩かなくなることで、太陽の光を浴びる時間が減ります。

するとセロトニン幸せホルモンと呼ばれる、気分を安定させる脳内ホルモン)の分泌が減り、うつ病とおなじ症状が出はじめます。

なにもかもおっくうになる」「気分が落ち込む」「やる気がなくなる」「集中力がなくなる」このような症状が出てきます。

春になり日照時間が長くなると改善していきます。

筆者はうつ病を患っているため症状を経験しているのですが、普通の(本来の)うつ病は「食欲がなくなる」「眠れない。寝ても朝早く目が覚めてしまう早朝覚 せい」があります。

しかしウィンターブルー・冬季うつはそれと違い「炭水化物や甘いものが食べたい」「いくらでも寝たい」という症状が起こるようです。

一般的なうつ病では、不眠症や食欲不振がみられますが、冬季うつの場合は、反対に過眠や過食などの症状が表れます。

ホノミ漢方剤盛堂薬品株式会社  より引用
スポンサーリンク

ウィンターブルー・冬季うつ病の対策 日光を浴びる

ウィンターブルー・冬季うつ病の対策は日照時間を長くする
ウィンターブルー・冬季うつ病の対策は日照時間を長くする

ウィンターブルー・冬季うつの対策は、まず日光を浴びることです。日光を浴びることによりセロトニンが分泌されます。

日照時間が長い夏になると(猛暑以外では)元気になる方は多いのではないでしょうか。

午前中30分~1時間ほど日光を浴びると良いです。午後からだとメラトニンという睡眠ホルモンの影響で、眠りにくくなる可能性があります。

そんなヒマねーよ」という方がほとんどでしょう。仕事の日は、「1駅先に降りて歩く」だけでも十分だそうです。

適度な運動

寒いから動きたくないでしょうが、動かないともっと動けなくなります。

ウォーキング、ジョギング

軽い運動のジョギングでセロトニンを分泌し、ウィンターブルー・冬季うつの対策をする
軽い運動のジョギングでセロトニンを分泌し、ウィンターブルー・冬季うつの対策

屋外で行うウォーキングやジョギングは、ウインターブルーの解消に最適です。歩く、走るといった一定のリズムで行う運動は、セロトニンの分泌を促します。

So-netサイト  より引用

ウォーキングやジョギングは日光を浴びることができ、ダイエットになり、セロトニンも分泌されて一石三鳥です。

しかし、やはり「そんなヒマねーよ」だと思います。

やはり一駅先に降りて歩く、会社に自転車で行くなどの工夫をすれば大丈夫です。

スポンサーリンク

ストレッチ、ヨガ

ウィンターブルー・冬季うつ対策としてストレッチやヨガをする
ウィンターブルー・冬季うつ対策としてストレッチやヨガ

風呂上りに筋肉がほぐれている時にやると効果的です。

腹式呼吸になるため、セロトニンと共にβエンドルフィンも分泌されます。βエンドルフィンは脳内快楽物質のため、ストレス解消にもなります。

タイトルとURLをコピーしました