精神科・閉鎖病棟ではどうやって暇つぶしするか 精神病院体験談(1-23)

精神科・閉鎖病棟ではどうやって暇つぶしするか 精神病院体験談

アルコール依存症の入院生活のつづき、瀬野川病院(精神科)の閉鎖病棟の生活をお送りします。

精神科・閉鎖病棟の朝8時

精神科・閉鎖病棟のデイルーム
精神科・閉鎖病棟のデイルーム

閉鎖病棟では、8時から朝礼、そして続けてラジオ体操が行われます。

全員参加です。

パーキンソン病で足が不自由で車イスのコジマさんは、窓際のいつもの位置で待機しています。

アルコール依存症で神経麻痺し、大腿骨頭壊死でうまく歩けないヤナイさんは、早めにデイルームに来ていました。

担当の看護師が

おはようございます!

と大きな声で挨拶をします。

患者は、元気のないうなだれた声で

「・・・ござぃます・・・」

ととりあえず返事をします。

そして

今日は9月23日月曜日です!

と日付を言います。これをしっかり記憶しておかないといけない。

精神科・閉鎖病棟のカレンダー
精神科・閉鎖病棟のカレンダー

シャバから閉ざされて生活する私たちは、日付・曜日がまったく分からなくなります

入院してしばらくすると、今日が何日で何曜日かさっぱり分からなくなるのです。

看護師は続けます。

今日のOT活動は、午前中はカラオケ、午後は軽スポーツです!

OT活動(作業療法)とは、簡単なスポーツやストレッチ、机上での簡単な作業で身体や頭のリハビリをすることです。暇つぶしになって良いのです。

スポンサーリンク

精神科・閉鎖病棟のOT活動(作業療法)

暇つぶしのカラオケ
暇つぶしのカラオケ

OT活動には次のようなモノがあります。

  • 軽スポーツ:5階の体育館で、ソフトバレーや実物大野球盤、バドミントン、卓球など
  • デイルームでストレッチや筋トレなど
  • 読書(OTさんが雑誌やマンガを持ってきてくれる。が、たった1時間なので十分に読めない)
  • レクレーション:室内ボーリング(子供のおもちゃみたいなヤツ)、ダーツ(大人なのに磁石製)など
  • 映画鑑賞:事前に多数決で映画を決定します。激しい暴力のあるヤクザ系や成人向けの映画はNG)
  • 音楽ビデオ鑑賞:ミュージックステーション録画等
  • カラオケ

などなどが日曜以外の毎日1回行われます。

これとは別に、アルコール依存症者は、月・水・金にアルコール学習会が1時間づつあります。

土曜日は院内断酒会、AAもあるのです。

断酒会とは?ふたば断酒会、AA、広島だるま会など自助グループはどんなもの?

違法な薬物で入院した人たちもほぼ同様です。

こんな感じで、精神科・閉鎖病棟の日常は過ぎていくのです。

スポンサーリンク


日曜日はまったくなにもないので退屈でしかたがない。暇つぶしに苦労します。

そしてアルコール依存症や薬物依存はたいてい3ヵ月クールで退院しますが、統合失調症や適応障害などの患者はもっと長い場合が多いのです。

タイトルとURLをコピーしました