アルコール離脱症状期間は死ぬほど苦しい、つらい 精神病院体験談(2-12)

アルコール離脱症状の期間は苦しい、つらい

私は精神病院・閉鎖病棟の保護室(鉄格子の中)に閉じ込められています。

●この記事に書いてあること

精神病院の保護室に閉じ止められ、200時間にも及ぶ飲酒を立ち切られました。そして酔いが覚めてくると次々とアルコール離脱症状の嵐がやってきます

離脱症状の期間はとても苦しい、つらいものです。

その離脱症状がどういうものだったか、体験談を書いています。

●アルコール離脱症状の期間は

大量飲酒や連続飲酒の後、断酒して2日目に強く出現します。

そしてアルコール離脱症状の期間は通常4~5日間続きます。

時間別のおおよその離脱症状

時 間症 状
断酒後6~8時間振戦(手足の震え)、発汗
 〃 8~12時間知覚症状
 〃 12~24時間発作、けいれん
 〃 72時間以内幻覚幻聴(症状がひどい人)

ハートクリニック こころのはなし より参照

●結論

連続飲酒を切ると、ほぼ間違いなくアルコール離脱症状に見舞われ、非常につらい目にあいます

連続飲酒でなくても大量飲酒(晩酌)を続けていると、次の日の昼間にアルコール離脱症状が起こることがあります。

コーヒーを持つ手が小さく震えたり、字がうまく書けないなどは振戦(手の震え)が原因のことが多く、要注意です。

●筆者

アルコール依存症の筆者

アルコール依存症歴11年うつ、双極性障害あり。断酒はするのですが数年に1度くらいスリップし、連続飲酒にハマり入院する。精神病院入院歴10回以上ギャンブル依存症は克服済み。体験談や皆さんにお役に立てることを書いていきます。

アルコール離脱症状期間のうつ

アルコール離脱症状期間のうつ
アルコール離脱症状期間のうつ

あれからどのくらい経ったのでしょうか。

身体中の血管のアルコールが代謝され、酔いが覚めてきました。

そして、考えられる限りの負の感情で、頭が、心が埋め尽くされます。

後悔の念、自責の念、不安、恐怖、すべてマイナスの感情で埋め尽くされるのです

理由はありません。

理由のない不安感。

理由のない恐怖感。

理由は、あるとすれば、酒が切れたという理由です。

アルコール離脱症状のうつによる恐怖感
アルコール離脱症状のうつによる恐怖感

脳、身体、すべての臓器が何かを不安がっています。

すべての器官が恐怖を感じ取っています。

怖い、怖い、怖い・・・・・・

私の思考回路は狂いつつある、頭がどうにかなってなってしまう、そう思いました。

アルコール離脱症状のうつ症状で心の中に不安、恐怖がうずまいていきます

そしてすべてのアルコールが代謝され、身体から消えます。

酒が完全に抜けます。

アルコールだけで動いていたぼくの脳細胞は、精神は、ついに破綻します。

スポンサーリンク

アルコール離脱症状の振戦

振戦(手の震え)
振戦(手の震え)

アルコールがなくなると、それまで「アルコールが血液中にあることが正常」だと勘違いしていた脳が、異常を感じ始めます。

そして肉体に症状が出始めます。

肉体的なアルコール離脱症状(禁断症状)です。

手の指がこきざみに震えはじめます(振戦)

そして震えは酷くなり、わなわなと腕ごと震えます。

精神破綻の次に、肉体が離脱症状を訴えはじめるのです。

映画のアル中とまったく同じ。

右手も左手も、親指から小指まで震え、別の生き物のようのピクピク動く

自分の意志とは関係なく動く。ごぶしを握ると、腕やこぶしがわなわなと揺れる。

また手を開くと、また指先がピクピク動く。

手の震え
手の震え

足が、太ももからヒザまでガクガクと揺れ始めます。

両ひざを腕で抱え込む。しかし、その腕が震えているのでますます揺れがひどくなります。

体幹、つまり腹筋や背筋までが手と足に共鳴するかのように、けいれんしたようにピクリピクリと動く。

顔の筋肉だけは動かなかったような気がする。

とにかく、身体のありとあらゆる筋肉が、自分の意志とは関係なく揺れ動き、震えます

力を入れようが緩めようが、止まらない。

身体のほうはあちこちがピクピク動き、精神のほうは恐怖感、不安感にさいなまされる。

アルコール離脱症状のピークがくる。つらい、苦しい、耐えられない。

スポンサーリンク

アルコール離脱症状の発汗

アルコール離脱症状の発汗
アルコール離脱症状の発汗

保護室の中はエアコンが効いています。

夏ですが暑くはないです。

しかし、じっとりとした汗が額に浮かび上がります。アルコール離脱症状の脂汗です。

首筋、わきの下、いたるところに汗が噴き出てきます

顔の汗は玉となって鼻の両脇を通ってくちびる、あごへ流れていき、ももへポタポタ落ちていきます。

じっと我慢していると、わきの下、胸、腹が汗をかいているのを感じます。

顔からももへ落ちた汗が溜まり、あふれてマットの上にボタボタと落ちていくのです。

腕にも、足にも、噴き出した汗の玉が大きくなってきます。

エアコンが効いているのに、身体は汗だくなのです。

シャツやパンツが汗で濡れ始めました。トイレットペーパーで拭いても拭いても汗は止まりません。

脳、皮膚、筋肉、細胞すべてが、切れたアルコールを要求しているのです。

アルコール離脱症状はつらい、苦しい

酒を抜く点滴
酒を抜く点滴

突然、ガチャガチャと、ドアの鍵を開ける音がしました。

ドアがあけられ、看護師が入ってきます。

看護師は点滴棒を持っていました。

アルコール離脱症状のピークを迎えつつあるぼくは、なんとか汗まみれの顔を上げました。

看護師
ちょっとベッドに寝てくださいね。チクッとしますよ

看護師は、右の腕に針を刺しました。

もはやアルコール離脱症状で限界にきていた私は

セルシン・・・・・・を・・・・・・ください・・・・・・

なんとか途切れ途切れに声を出します。

アルコール離脱症状を楽にするセルシンという精神安定剤を頼みました。

スポンサーリンク

アルコール離脱症状の期間は苦しい、つらい まとめ

  • 長い間連続飲酒したあとアルコール切れてくると、アルコール離脱症状が始まります

  • 離脱症状の期間はアルコール性うつで不安感や恐怖感、焦燥感に襲われますが、これは数日から数10日続く場合があります。

  • 手足の震え(振戦)は経験上、2~3日で治まりますが、小さなピクピクは4~5日続くこともあります。

  • 異常な発汗が出ますが、経験上、24時間程度で収まります。

  • 一番つらいのがアルコール性うつ症状で、セルシンなどの精神安定剤を飲まないとかなり辛い思いが続きます。



タイトルとURLをコピーしました