アルコール離脱症状期間は死ぬほど苦しい、つらい 精神病院体験談(2-12)

アルコール離脱症状の期間は苦しい、つらい

私は精神病院・閉鎖病棟の保護室(鉄格子の中)に閉じ込められています。

●この記事に書いてあること

精神病院の保護室に閉じ止められ、200時間にも及ぶ飲酒を立ち切られました。そして酔いが覚めてくると次々とアルコール離脱症状の嵐がやってきます

離脱症状の期間はとても苦しい、つらいものです。

その離脱症状がどういうものだったか、体験談を書いています。

●アルコール離脱症状の期間は

大量飲酒や連続飲酒の後、断酒して2日目に強く出現します。

そしてアルコール離脱症状の期間は通常4~5日間続きます。

時間別のおおよその離脱症状

時 間症 状
断酒後6~8時間振戦(手足の震え)、発汗
 〃 8~12時間知覚症状
 〃 12~24時間発作、けいれん
 〃 72時間以内幻覚幻聴(症状がひどい人)

ハートクリニック こころのはなし より参照

●結論

連続飲酒を切ると、ほぼ間違いなくアルコール離脱症状に見舞われ、非常につらい目にあいます

連続飲酒でなくても大量飲酒(晩酌)を続けていると、次の日の昼間にアルコール離脱症状が起こることがあります。

コーヒーを持つ手が小さく震えたり、字がうまく書けないなどは振戦(手の震え)が原因のことが多く、要注意です。

アルコール離脱症状期間のうつ

アルコール離脱症状期間のうつ
アルコール離脱症状期間のうつ

あれからどのくらい経ったのでしょうか。

身体中の血管のアルコールが代謝され、酔いが覚めてきました。

そして、考えられる限りの負の感情で、頭が、心が埋め尽くされます。

後悔の念、自責の念、不安、恐怖、すべてマイナスの感情で埋め尽くされるのです

理由はありません。

理由のない不安感。

理由のない恐怖感。

理由は、あるとすれば、酒が切れたという理由です。

アルコール離脱症状のうつによる恐怖感
アルコール離脱症状のうつによる恐怖感

脳、身体、すべての臓器が何かを不安がっています。

すべての器官が恐怖を感じ取っています。

怖い、怖い、怖い・・・・・・

私の思考回路は狂いつつある、頭がどうにかなってなってしまう、そう思いました。

アルコール離脱症状のうつ症状で心の中に不安、恐怖がうずまいていきます

そしてすべてのアルコールが代謝され、身体から消えます。

酒が完全に抜けます。

アルコールだけで動いていたぼくの脳細胞は、精神は、ついに破綻します。

スポンサーリンク

アルコール離脱症状の振戦

振戦(手の震え)
振戦(手の震え)

アルコールがなくなると、それまで「アルコールが血液中にあることが正常」だと勘違いしていた脳が、異常を感じ始めます。

そして肉体に症状が出始めます。

肉体的なアルコール離脱症状(禁断症状)です。

手の指がこきざみに震えはじめます(振戦)

そして震えは酷くなり、わなわなと腕ごと震えます。

精神破綻の次に、肉体が離脱症状を訴えはじめるのです。

映画のアル中とまったく同じ。

右手も左手も、親指から小指まで震え、別の生き物のようのピクピク動く

自分の意志とは関係なく動く。ごぶしを握ると、腕やこぶしがわなわなと揺れる。

また手を開くと、また指先がピクピク動く。

タイトルとURLをコピーしました