二日酔いに迎え酒は危険!それはアルコール依存症の症状です

二日酔いに迎え酒は危険!それはアルコール依存症の症状

この記事で、アルコール依存症になりやすいお酒の飲み方がわかります。また、お酒が切れた時にどんな離脱症状(禁断症状)が出るかもわかります。

毎晩、晩酌する人は、日に日に酒量が増えていき、深酒になり毎朝二日酔いになる方がいます。

どこかで止めないと、取り返しのつかない事になってしまいます。

こんなになっていませんか?

  • 毎晩深酒して、次の朝、二日酔いになる
  • 二日酔いがしんどいので、さらに迎え酒をする
  • そのまま酔ってしまい、会社にいくのが面倒くさくなる
  • 結局、会社を午前休や有休で休む

すべて筆者がやっていました。

毎晩、泥酔するまで飲む。二日酔いになり、迎え酒をして会社にいく、または休む。

なぜ毎晩、深酒をするのでしょうか?

二日酔いなのに迎え酒って気持ち悪くないの?

二日酔いに迎え酒は危険

毎晩の深酒、二日酔いの迎え酒、これらはアルコール依存症の初期の行動です。

このまま続けるとアルコール依存症になる危険度大のため、同じことをしている方はすぐやめましょう。

アルコール依存症の初期症状、アルコール離脱症状(禁断症状)について、体験したことを挙げてみます。

二日酔いに迎え酒は危険!
こんなことをし続けるとほぼアルコール依存症になりますよ。

アルコール依存症の初期症状・毎日の深酒

アルコール依存症の初期症状・毎日の深酒
アルコール依存症の初期症状・毎日の深酒

アルコール依存症は飲みだしたら止まらない

アルコール依存症者は「ごちそうさまができない」と言われます。

普通の人なら、晩酌などである程度酔ったらそこで「ごちそうさま」になります。

しかしアルコール依存症は飲み始めたら最後、人に止められても飲んでしまうのです。

アルコール依存症はお酒を楽しんでいない

「ごちそうさま」ができず、泥酔、酩酊まで飲まないと済まない。

逆にいうと酩酊させるのが目的で飲んでいるため、必ず深酒になってしまうのです。

酩酊までいくと、明日の仕事のことなどどうでもよくなります

奥さんや同僚に「もう止めなさい」「もういい加減帰ろう」と言われるまで飲み続けます。

スポンサーリンク

危険な二日酔いの迎え酒

二日酔いの迎え酒を飲んでつらさを麻痺させる
二日酔いの迎え酒を飲んでつらさを麻痺させる

あげくのはてに、二日酔いになります。

ここで普通の人は「昨晩飲み過ぎた、二日酔いが気持ち悪い。もう酒はしばらく飲むまい」 などと飲み過ぎを反省します。

しかしアルコール依存症は反省することをしません

二日酔いを迎え酒でごまかす

二日酔いの気持ち悪さを、なんと迎え酒でごまかしはじめます。

二日酔いなのに飲むだなんて信じられない」 と普通の人は思われますが、迎え酒をして再度酔っぱらうと、二日酔いのしんどさがだんだん麻痺してきます。

迎え酒をして会社をサボる

始めのうちは一杯ほど飲んで麻痺させ出勤すします。

慣れてくるとそれも面倒くさくなり、二杯も三杯も飲み、会社を午前休にしたり、欠勤するようになります。

こうなってくると、朝から晩まで飲み続ける「連続飲酒発作」という症状になってきます。

連続飲酒までいくと、ほぼアルコール依存症ですよ。

これはアルコール依存症の症状です。以下のサイトでも迎え酒の危険性を訴えています。

●厳禁、迎え酒
毒をもって毒を制す。これが二日酔いの迎え酒のすべてです。二日酔いの状態では、アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドによって自律神経が刺激され、頭痛、吐き気、動悸などの不快な症状があります。

そこへまた迎え酒としてアルコールを注入すると、大脳がまた心地よく麻酔され不快な症状やだるさなどを感じなくなるのです。

でもこれは単に二日酔いの症状をお酒の酔いで麻痺させているだけなのです。

迎え酒で二日酔いをごまかすのは最悪のパターン。アルコール依存症へのスタートラインといっても言い過ぎではありません。

焼酎SQUAREサイト   より引用

迎え酒のあとにアルコール離脱症状

二日酔いの迎え酒や連続飲酒発作がたびたび続くと、酒が切れた時にアルコール離脱症状を起こすようになります。

【参照】アルコール依存症治療ナビ アルコール離脱症状

スポンサーリンク

アルコール離脱症状・手が震える

迎え酒の後のアルコール離脱症状の手の震え
迎え酒の後のアルコール離脱症状の手の震え

手が震えます。まるで映画のようにです。

部長の前で

アルコール離脱症状で、酒が切れた時に手が震えるようになってきます。

ある時、部長と喫茶店にはいってコーヒーを飲むことになりました。スタバなので部長の対面に座る形になりました。

コーヒーが来てカップを持ち、飲もうとするとプルプルと手が震え、コーヒーカップも震えてコーヒーがこぼれそうになったのです。

これは部長に見られてはいけないと思い、両手でカップを抱え込むようにして飲まなければなりませんでした。コーヒー一杯飲むのに大変です。

タイトルとURLをコピーしました