独り言がうるさい病気、ストレスが溜まる精神科 精神病院体験談(1-18)

独り言がうるさい病気、ストレスが溜まる精神科 精神病院体験談(1-18) アルコール依存症

私は4階に移動し、「小便臭い」個室で一晩過ごし、2日目の朝を迎えました。

デイルームでニュースを見ていると声をかけられます。

ふくさん、大部屋に変わりますので、準備しておいてください

よかった、これで小便臭い部屋とはサヨナラだ

少ししかない荷物をボストンバッグに入れ、引っ越しの準備をします。

昼飯を食べた後、406号室に移動しました。4人部屋です。

ドアを開け、左奥のベッドが空いていたのでそこに荷物を置きました。

小便臭い個室から移動

小便臭い病室から異動
小便臭い病室から異動

患者が飛び降りないよう、ロックしてありビクとも動かない窓から外を見ると、外は四角いドーナツの穴になっていて、対面の病室が見えます。

下を見ると、R1病棟で保護室だった頃の喫煙所や庭が地上に見えます。

足元のベッドの患者はすでに知っていました。喫煙所であいさつしておいたオオノくんだ。

<br>

あ、どうも。よろしくお願いします。

オオノ
オオノ

どうも、同室になりましたね

その隣は、タケノウチさんという50代のオジサン。軽い挨拶をしておいた。

右側のベッドの患者にも挨拶しないと。

スポンサーリンク

独り言がうるさい患者

独り言がうるさい病気
独り言がうるさい病気

その患者は、ぱっと見60歳くらいでしょうか。

昔サラリーマンだった名残りか、カシオの銀色の安そうな時計をはめています。

額から頭頂部はハゲあがっており、耳の横に残っている白髪は短く刈ってあります。

メガネも銀色の遠近両用をしており、新聞を読んでいました。

独り言がうるさい患者が新聞を読む
独り言がうるさい患者が新聞を読む

声を出して読んでいる?のか?

じきぬきてらえれにあアメリカこきでいあ日本にさたりつおあ・・・・・・

「?」

ぼそぼそと、日本語として聞き取れない。

たまに何か単語らしいものが混ざっています。

念仏か?

おかいりほりつり経済はのいぽきしたまうらえい・・・・・・

目線は新聞に落ちているので、念仏を唱えているわけではない。

しかし、記事の内容ではない。

ずっと独り言のように聞こえる。

うるさい。

スポンサーリンク

独り言「さきたてうりょにげがんとす総理大臣こぉりじぇんがそりよら・・・・・・

なんだこれは。

挨拶もせず、彼のしぐさに見入ってしまいましす。

彼は突然ノートを取り出し、ペンでノートに何かを書き始めました。

独り言がうるさい患者がノートに書く
独り言がうるさい患者がノートに書く

何か、というのは遠くて見えなかったが、小さな文字がびっしり埋め尽くされていました

そこが文字で埋まると、ノートの上側や左右の余白に「何か」を書いていくのです。

横、縦、方向は関係ないらしい

ノートへの書き物が終わると、ベッドから降り、ドアの方を向いてタイル床に正座します。

そして両手を上げ、そのまま前に伏せた。

アラーの神へ祈りを捧げる」そんな恰好です。

10分くらい祈りを捧げただろうか。

独り言がうるさい患者が祈る
独り言がうるさい患者が祈る 出典:froopik より引用

なんだこりゃ!

そういえば、ここは精神病院だったことを思い出した・・・・・・

「独り言がうるさい病気」の精神科患者

精神科の夜の病室
精神科の夜の病室

夜も9時を過ぎた頃、消灯になるため各自ベッドに入り、カーテンを閉めめます。

タケノウチさんはピンクのカーテン越しに読書灯の明かりが見えるので、読書でもしているのでしょう。

大の大人が9時に寝るのは無理な話です。

オオノくんのベッドは暗いので、眠ろうとしているのでしょう。

そこで予想していたこと、恐れていたことが始まりました。

独り言「ぞまくりがいたやにのふぁくれみさのにたよら、いいむらげのほらきて・・・・・・

始まった!

独り言「こじゆまれたのきぞしてのきあげりほみそいらてのくごさみおい・・・・・・

昼より大きな声に聞こえます。

うるさい!これは寝られん。どうしたもんだか・・・・・・

スポンサーリンク

オオノ「うるさいッ!

オオノくんが怒鳴りました。

ぴたりと独り言がやみます。

よかった、これで寝られる。

そして10分くらい経ったかどうか・・・・・・

独り言「こじかじたにこんらりあはりきれむはじなろけじゃたにそみならいえ・・・・・・

また始まった。

やかましいッ!!

タケノウチさんがカーテン越しに大声で怒鳴ります。

なんだこりゃ。こんなことが毎晩起こるのか。
こりゃたまらん。こんな患者と同じ部屋はいやだ!

隣の病室からも、へんな声た聞こえてきた。

イイイイイッ! ウォォォォォッ! イイイイイッ!

隣も誰かが発狂している。

そっちもか。

私は、妻が「イビキ対策」に準備してくれていた耳栓をボストンバッグから探し出した。

なんとかしてくれ。

イビキどころではない、夜の病室が大騒ぎなのだ・・・・・・

独り言がうるさい病気、ストレスが溜まる精神科 精神病院体験談

まとめ

・独り言を言うのたいてい統合失調症患者です。
・ですが、意味のあるちゃんとした日本語で独り言をいいます。
・今回のような、意味不明な言語を発するケースは初めてでした。
・挨拶もできず、ただ独りでなに言い続けるばかり。
 コミニケーションすらとれず。いったい何の病気の症状かすら分かりませんでした。
・結局、夜がうるさくてどうしようもないので、タケノウチさん、オオノくん、私とで看護師に直訴し、彼を追い出しました

スポンサーリンク
スポンサーリンク