連続飲酒の恐怖、やめたいのにやめられない 精神病院体験談(2-2)

連続飲酒体験の恐怖、やめたいのにやめられない

断酒中にスリップ(再飲酒)してしまいました。

スリップすると、これまでずっと我慢していた酒を、まるでダムが崩壊したかのごとく飲んでしまいます

飲酒が1日で終わることはなく、次の日、目覚めると、ベッドの下に隠していたまた焼酎をあおるのです。

連続飲酒のはじまり

紙パック焼酎いいちこ
いいちこ
出典:iichiko公式サイト より引用

先日、パチンコで大勝し、ふいに飲みたくなりました。

そしてその飲酒欲求を止めることはせず、近所の商店で「いいちこ」の紙パック焼酎1.8リットルを隠れて買い、家に持ち込んだのです。

焼酎が入ったビニールを上着をめくって腹のあたりに隠し、足早に玄関を通ります。

自分の部屋に入り、ドアを急いでしめました。

びくびくしていたのがようやく落ち着きました。

プラスチックのキャップをまわし開け、その中の栓をひっぱりぬき、口に付け、パックを傾け一気に喉に流し込みます。

熱い液体が舌を通り、喉を通り、食道を通り、胃に到達します。

途中、喉が焼け付くが、我慢できなくなるまで流し込むのです。

ごくり、ごくり流し込む。

食道が急に熱くなる

胃が、一気に熱くなる

消化器全体が熱くなる

そして、胃および十二指腸でアルコールが一気に血液に吸収され、そのアルコールを含んだ血液が脳に達します。

すると一気に快感が押し寄せてきます

スポンサーリンク

連続飲酒とは、目が覚めてから寝るまで飲み続けること

連続飲酒とは目が覚めてから寝るまで飲み続けること
連続飲酒とは目が覚めてから寝るまで飲み続けること

酔っている時間は素晴らしい。

とてもいい。

ところがそれは永遠に続くわけではなく、1時間2時間すると酔いが覚めてきます。

あれだけの量を飲んで覚めるわけはないのですが、「酔い度が下がってくる」といえばわかりやすいでしょうか。

覚めてくると気持ちよくないので、また焼酎紙パックに口を当て、ごくりごくりと胃に流し込みます。

また気持ちよくなります。

そして時間が経つと覚めてきます。

連続飲酒の酔いが覚める
連続飲酒の酔いが覚める

またアルコールを流し込みます。

こんな状態が、夜寝つくまで続くのです。

夕飯なんて食欲がなくて食べれません。

タイトルとURLをコピーしました