連続飲酒の恐怖|連続飲酒発作から1週間、回復しない 精神病院体験談(2-3)

連続飲酒の恐怖|連続飲酒発作から1週間、回復しない

●連続飲酒発作とは

連続飲酒発作とは、朝から夜寝るまで飲酒が止まらない状態を指します。
アルコール依存症患者はほぼこの連続飲酒になり、仕事どころか食事もろくに出来ない状態が続きます。

家族がいる者は運がよく、強制的に精神病院に入院させられてアルコールを切ることができます。
が、独身の独り暮らしなどは誰も止めないため、栄養失調や肝不全で一人孤独死するケースが少なくありません。

実際に身近でそのようなケースがありましたが、その人は断酒会の一員でした。

●筆者

アルコール依存症の筆者

アルコール依存症歴11年うつ、双極性障害あり。断酒はするのですが数年に1度くらいスリップし、連続飲酒にハマり入院する。精神病院入院歴10回以上ギャンブル依存症は克服済み。体験談や皆さんにお役に立てることを書いていきます。

連続飲酒発作が続く

連続飲酒発作が続く
連続飲酒発作が続く

早朝、目が覚めます。酔いがまだかすかに残っています。

しかし、タバコのニコチン禁断症状より100倍ひどいアルコール離脱症状がいつ襲おうかと待ち構えています。

ベッドの下に手をのばし、隠してある1.8リットル紙パック焼酎を取り出し喉に流し込みます。

そしてそのまま布団をかぶる。いつの間にか寝ています。

ふと目が覚めて、また焼酎を流し込みます
ベッドでマンガを読んだり、パソコンつついたり、歩く元気であればパチンコに出かけます。

酔いが覚めると、再び血液にアルコールを供給するのです。
夜、寝るまで、いや夜中に目が覚めても、ひたすら焼酎を胃に流しこむ・・・・・・

連続飲酒一週間目のことです。

スポンサーリンク

連続飲酒の恐怖

連続飲酒の恐怖
連続飲酒の恐怖

もう、酒が止まりません。

「この状態はマズイな」と自分では分かっているのですが、激しい飲酒欲求に襲われ止めることができないのです。

酔いが覚めてくると手が震え、不安感が胸からあふれそうになります。完全に酒が切れると、離脱症状に襲われ苦しいため、さらにアルコールを追加します。

妻となにかをしゃべった気がするが、まったく覚えていない。テレビをなにか観たが、まったく記憶にない。

一日中、泥酔しているのです。

外にでると、またいつかのように警察沙汰になったらマズイ。

入院中に飲酒してスロット、泥酔して無銭飲食で交番で保護

なので自分の部屋に閉じこもり、また飲み始めます。
静かに飲んで静かに酔う、サイレントドランカー。

連続飲酒1週間、回復できない

連続飲酒1週間、回復できない
連続飲酒1週間、回復できない

連続飲酒1週間以上つづき、会社も休んだまま。自力ではもう、シラフにもどれない。

苦しい、だれか、強制的にとめてくれ。どこかに閉じ込めてくれ。アルコール離脱症状を抑えるセルシンという薬だけをくれ・・・・・・

ふと、ズボンの右ポケットの携帯が鳴り始めました。

取り出して画面を見ると、上司、いやもっと上の常務役員の名前が表示されています。

通話ボタンを押して耳にあてました。そして挨拶をしたのち、こういわれました。

前みたいに警察沙汰になる前に、入院しなさい

私はギブアップして、入院する覚悟を決めたのです。

スポンサーリンク

連続飲酒とアルコール離脱症状

連続飲酒とアルコール離脱症状
連続飲酒とアルコール離脱症状

アル中用語の「連続飲酒」とは、あまり聞きなれない言葉でしょう。その名の通り「朝から寝るまでアルコールを飲み続ける」こと。

一般の方は深酒をすると、朝に酒が残る二日酔いとなります。
会社にいっても頭が痛かったり体がしんどくて、「もう酒は飲まない」と後悔します、普通は。

アルコール依存症の行動

しかし、アルコール依存症者はそこからが違うのです。

酔いが覚めていくと、じわじわと離脱症状が始まります。

  • 手をひらくと指が震える。
  • 足もがくがく震える。
  • 身体中が小刻みに震えだす。

そして、暑くはないのに額、首筋、わきの下に脂汗をかき始め、ポトポトとたれ床に落ちはじめます

心は強烈な不安感に襲われる。

そのようなアルコール離脱症状に耐えられなくなり、自分の部屋に戻りドアを閉めます。

スポンサーリンク

アルコール離脱症状を止める

連続飲酒とアルコール離脱症状
連続飲酒とアルコール離脱症状

そしてわからないように隠してある2つ目の一升紙パック入り焼酎を探し出し、息を吸い、25%アルコール溶液を喉に一気に流し込むのです。

すきっ腹に焼酎ストレートを流し込むため、喉から胃までの温度が一気に上がり、熱く燃える。
アルコールが胃と十二指腸で吸収され、脳に到達すると、手の震えがピタリと止まる
足の震えもピタリと止まる

まるで映画のワンシーンのように、震えていた指がピタリと止まるのです。

不安感が嘘のように消え、快楽が押し寄せてきます。
二日酔いで続けて酒を飲むことなど普通には考えられないが、アルコール依存症者には普通のことなのです。酒を飲んで二日酔いのつらさを麻痺させます。

そしてまた、酒をやめるとこができないアルコール漬けの一日がはじまるのです・・・・・・

スポンサーリンク

連続飲酒の恐怖|連続飲酒発作から1週間、回復しない まとめ

まとめ
  • 朝から寝るまでアルコールを飲み続けることを連続飲酒発作といいます。

  • 本人は止めたいとおもっていても、酒が切れると手の震えや発汗、不安感や恐怖感に襲われ、それを打ち消すためにまた酒を飲んでしまうのです。

  • 朝起きたら酒が切れているので、やはり手の震えなどアルコール離脱症状に襲われ耐えられなくなり、朝から酒を飲む状態になってしまいます。

  • 連続飲酒に入ると食べないせいもあり、一気に肝臓・すい臓などの数値が悪化します。

  • こうなったらもう入院するか、相当の根性で酒を断ち切るしか方法がありません

タイトルとURLをコピーしました