連続飲酒の恐怖|連続飲酒発作から1週間、回復しない 精神病院体験談(2-3)

連続飲酒の恐怖|連続飲酒発作から1週間、回復しない

●連続飲酒発作とは

連続飲酒発作とは、朝から夜寝るまで飲酒が止まらない状態を指します。

アルコール依存症患者はほぼこの連続飲酒になり、仕事どころか食事もろくに出来ない状態が続きます。

家族がいる者は運がよく、強制的に精神病院に入院させられてアルコールを切ることができます。

が、独身の独り暮らしなどは誰も止めないため、栄養失調や肝不全で一人孤独死するケースが少なくありません。

実際に身近でそのようなケースがありましたが、その人は断酒会の一員でした。

連続飲酒発作が続く

連続飲酒発作が続く
連続飲酒発作が続く

早朝、目が覚めます。

酔いがまだかすかに残っています。

しかし、タバコのニコチン禁断症状より100倍ひどいアルコール離脱症状がいつ襲おうかと待ち構えています。

ベッドの下に手をのばし、隠してある1.8リットル紙パック焼酎を取り出し喉に流し込みます。

そしてそのまま布団をかぶる。

いつの間にか寝ています。

ふと目が覚めて、また焼酎を流し込みます

ベッドでマンガを読んだり、パソコンつついたり、歩く元気であればパチンコに出かけます。

酔いが覚めると、再び血液にアルコールを供給するのです。

夜、寝るまで、いや夜中に目が覚めても、ひたすら焼酎を胃に流しこむ・・・・・・

連続飲酒一週間目のことです。

スポンサーリンク

連続飲酒の恐怖

連続飲酒の恐怖
連続飲酒の恐怖

もう、酒が止まりません。

「この状態はマズイな」と自分では分かっているのですが、激しい飲酒欲求に襲われ止めることができないのです。

酔いが覚めてくると手が震え、不安感が胸からあふれそうになります。完全に酒が切れると、離脱症状に襲われ苦しいため、さらにアルコールを追加します。

妻となにかをしゃべった気がするが、まったく覚えていない。

テレビをなにか観たが、まったく記憶にない。

一日中、泥酔しているのです。

外にでると、またいつかのように警察沙汰になったらマズイ。

入院中に飲酒してスロット、泥酔して無銭飲食で交番で保護

なので自分の部屋に閉じこもり、また飲み始めます。

静かに飲んで静かに酔う、サイレントドランカー。

連続飲酒1週間、回復できない

連続飲酒1週間、回復できない
連続飲酒1週間、回復できない

連続飲酒1週間以上つづき、会社も休んだまま。

自力ではもう、シラフにもどれない。

苦しい、だれか、強制的にとめてくれ。

どこかに閉じ込めてくれ。

アルコール離脱症状を抑えるセルシンという薬だけをくれ・・・・・・

ふと、ズボンの右ポケットの携帯が鳴り始めました。

タイトルとURLをコピーしました